いじめセキュリティ関連記事

Bullying Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > いじめセキュリティ関連記事 > 「いじめ」について知っておきたいこと|解決させる方法とは
公開日: 2020/09/12 最終更新日: 2020/09/11
セキュリティガイド - いじめセキュリティ関連記事
 公開日: 2020/09/12 最終更新日: 2020/09/11

「いじめ」について知っておきたいこと|解決させる方法とは

大切な方がいじめられているかも知れない…そんな時、まず何から始めればいいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。いじめは早期発見が一番大切なポイントとなります。

目次

いじめって何だろう?

いじめの定義

いじめとはある特定の人をグループでわざと仲間外れにしたり、陰口を言って相手を謗る(そし・る)ことが、一般的にいじめと認知されています。年齢も男女も、学校も職場もプライベートも関係なく、身近な知人同士でいつでも起こり得るのがいじめの特徴でもあります。なかでも、仲が良かった人からのいじめということもあります。それから学校などで、ある強い子供がいて、その子どもに逆らったら自分がいじめに遭うなんてケースも子供たちの間では少なくありません。

最新の「いじめ」の定義においては、インターネットを通じて行われるものも含み、現代化に伴っていじめの手段が多様化しているということが伺えます。

新一年生へのいじめ

さまざまないじめが多いですが、その中でも小学校新一年生が学校に行きたくないというケースが目立ちます。それは学校になじめないだけではなく、新しい学校生活に慣れてできた友達と一緒に、ある特定の子供をターゲットにしていじめるということがあると言えます。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

どのようないじめがあるか

いじめの種類

インターネットが普及したことによって、その種類も過去とはまったく違ったものになってきており、ネットいじめが原因で不登校になる事例が増えているのが現状です。

  • 身体的ないじめ:直接暴力を振るわれること
  • 無視:特定の相手と故意にコミュニケーションを避けること
  • 性的ないじめ:服を脱がせる、体に執拗に触ってくるなどのいじめ
  • やりたくないことを無理強いする:万引きや無理やりいじめに加担させたりするなど
  • 陰口・悪口:特定の相手に聞こえるように、あるいは見えないところで陰口や悪口を言う
  • ネットでのいじめ:SNSやインターネット上に特定の人の誹謗中傷を書きこむいじめ
  • 物によるいじめ:私物に落書きをしたり、壊したりする

大人のいじめ調査

大人のいじめはやり方がより巧妙で、たいていは誹謗中傷による嫌がらせですが、大人のいじめで精神的に追い込むことで、たとえ数ヶ月であっても、人は簡単に壊れてしまい、精神に深刻な被害を及ぼすという事例があり無視できません。

  • 周囲から孤立させる(隔離・仲間外し・無視)
  • 精神的な攻撃(脅迫・暴言・弱み・ガスライティング)
  • プライバシーの侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
  • ネット上で悪いうわさを流されている(風評被害・ネットストーカー・なりすまし)
  • 同じ場所で同じ人物にいつも見られている(つきまとい・監視・ストーカー)

真実を知らなければ何も変わらない

国内のいじめ認知件数

文科省の調査によるいじめの認知件数について

2019年の文科省の調査により、全国の小中高校などが2018年度に認知したいじめの件数が、前年度比12万9555件増の54万3933件だったことが2019年10月17日、文部科学省の「問題行動・不登校調査」で分かった、と報告されています。

過去最高を更新し50万件を突破し、「いじめにより生命、心身などに重大な被害が生じた疑いがある」重大事態も602件に上り、同法施行後で最多となりました。文科省は認知件数の増加について、「初期段階のものも積極的に認知し、個別の事案に対応している」と引き続き肯定的に評価しました。
画像クレジット:全国教育問題協議会より抜粋

いじめによる自殺について

例えば自分の子供が学校でどのような生活をおくっているのか両親であれば誰しも気になりますよね。「いじめられていないか?」あるいは「いじめていないか?」と。子供が学校に行っている間、親は担任の先生の報告でしか子供の様子が分からないので、心配は尽きません。学校でも職場でも、いじめはなぜしてはいけないかという倫理観を一人一人自覚するということの方が、現代社会において難しいのかもしれませんが、絶たれてしまった命は2度と戻りません。それゆえにいじめは取り返しのつかない行為であることを忘れないでいたいですね。

いじめを解決させる方法

いじめ問題をどのように解決させたいか

  • いじめの事実があるかどうかを知り今後を決めたい
  • いじめの加害者を特定しておきたい
  • いじめ加害者を刑事事件で立件したい
  • いじめ加害者の保護者に対して民事訴訟を起こしたい
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)がいじめによって起きたことを認めさせたい

いじめを解決するための証拠収集

いじめの関係性を争う(訴訟)場合だと事実関係の証明が出来るのかが勝敗の明暗を分ける事となり、言い換えれば「事実の証明」がなされない限り「いじめの責任」を法的に問うことは難しくなります。いじめは暴行罪、恐喝罪、名誉毀損、侮辱罪、窃盗、信用毀損罪、偽計業務妨害、営業妨害、迷惑行為防止条例の対象になります。従来の証拠撮影にくわえ、聞込み調査からオンライン調査までありとあらゆる調査を行い、いじめが解決できるまでサポートすることが可能です。

いじめに関するよくある質問

いじめ相談Q&A

Q

ファミリーセキュリティではどんないじめ調査をしているの?

A

表面化されにくい「いじめ」の証拠収集がメインとなります。子どものいじめや大人のいじめ、ママ友、職場、近所のコミュニティのいじめについての調査や、いじめを行った主犯の特定や証拠収集など行い、いじめ被害者が安心して日常生活を送れるまでしっかりサポートします。

Q

息子が学校でいじめられているかどうか知りたいけど、調査できますか?

A

お子様の見守り調査が可能です!学校内に関してはサポートする形となりますが、学校からでれば専門スタッフバレないように尾行し、いじめの証拠を記録します。

Q

調査料金って高くないの?

A

1カ月サポートプランは20万から可能です!いじめ調査の費用の相場は一般的に10万円台から50万円と言われています。いじめられているであろう子供の環境、人間関係、登下校中などにおいて、その子供がどのような状況にいて、どのような状態にあるのか、いじめはあるのか、ないのか、いじめている人は誰なのかといった疑問をベースに調査をして証拠となる情報を集めていきます。

いじめ調査で失敗しない5つのポイント

まずは相談してみましょう!

いじめ調査を依頼する場合、どんな探偵事務所を選んでも良いわけではありません!必ず「いじめ調査に強い探偵事務所」を探して、依頼する必要があります。まず初めにインターネットで検索してみましょう。インターネットなどで検索した際や、お電話で問い合わせる際に「これをクリアしておけばOK」と判断できるポイントを5つご紹介します。

問題に対しての経験は豊富か

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、いじめ調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所にいじめ調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、いじめ調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「いじめ相談実績年間1,000件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「年間1,000件もいじめ相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

いじめ調査依頼方法

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop