セキュリティガイド - いじめセキュリティ関連記事

Bullying Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > いじめセキュリティ関連記事 > いじめが原因?!息子が急にお金を催促するようになったワケ
公開日: 2022/02/08 最終更新日: 2022/09/13
セキュリティガイド - いじめセキュリティ関連記事
 公開日: 2022/02/08 最終更新日: 2022/09/13

いじめが原因?!息子が急にお金を催促するようになったワケ

いじめ調査

いじめの現場では多くの場合、子どもは、自分からいじめられていることを親に隠す傾向があると聞きます。そのため後で親が気がついたときには深刻な状態となっていることもあるようです。

いじめのサインを見抜き、抱え込んでいる闇から子どもを救う方法はあるのでしょうか。

目次│いじめ調査の相談窓口

相談者
いじめセキュリティサポート
2022年2月8日
いじめ問題解決の担当者が書いたいじめ調査に関する情報を公開しております。

当事務所では、さまざまな相談や調査の経験を積んできた専門調査員たちが数えきれないほどの問題を解決してきました。
独自のノウハウを駆使した調査によって得られる確かな情報が、必ず有意義な結果をもたらします。少なくとも今、あなたが抱えている深刻な現状を大きく変えることができるでしょう。是非お役立てください。

いじめのサインを見抜く方法

いじめ調査2

いじめは自然に解決しにくい問題である

いじめは子ども同士のみならず、大人になっても起こりうる社会全体の問題です。いじめは本人が予期できるものではなく、自然に収束するものでもありません。

放っておくとエスカレートするケースがほとんどで、いじめられている人の立場は増々苦しくなる一方です。いじめを苦に自殺してしまう痛ましい事件も過去に起きています。

なぜ子どもはいじめを隠すのか?

いじめを親が見抜けないのは子どもが必死に隠すからです。子どもがいじめの事実を隠す理由としては下記のことが考えられます。

  • どうせ親も教師も理解してくれない
  • 親に話したら、もっと酷い目に遭う
  • 両親に心配をかけたくない

子どもの以前にはなかった変化やサインを見逃さないで

両親に話しても解決どころか、もっと酷いことをされるという恐怖から、いじめの被害を隠し、いじめの主犯格たちの言いなりになっている子どもを一刻も早く救い出すにはどんな方法があるのでしょうか。

何も話さなくても、いじめられている子どもは小さなサインを出しています。親は子どもをいじめから守るためには、そのサインを見逃さないことが重要です。

  • 最近、物をよく失くすようになった
  • お金が欲しいという要求が増えた
  • 学校行事に来ないでほしいと言われた
  • 学校の事を聞かれても、「別に」など答え、具体的なことを言わない
  • 子どもの話題に友達の名前が全くでなくなった
  • 無理に明るくふるまっているように見える
  • ゲームなど自分の趣味や打ち込んでいたことがなくなった
  • 身体を見せたがらなかったり、服などをこっそり洗っている

親はどこまで介入すればいいの?

介入の仕方が重要になる

子どものいじめに親は介入するべきかどうか、という点においては当事者なら必ず悩むところです。これはいじめについて、親がどれだけのことを把握しているかにもよりますが、問題は介入の仕方です。

例えば、我が子が最近急にお金を頻繁に要求してきたとき気を付けたいのは「誰かにいじめられているんじゃない?!」と感情的に問い詰めることはすべきではありません。

事態が悪化するケース

この時点では、いじめが事実であることは憶測に過ぎません。誘導尋問口調で問い詰めると、子どもは増々口を閉ざしてしまいます。

また、下手に学校などに押しかけたり、いじめっ子の親に連絡などすると「チクりやがって」と逆恨みされて、さらに酷い陰湿ないじめの被害に遭うことも予想されます。

大切なのは子どもの気持ち

ここで大事なのは、子どもの気持ちや立場を第一優先に話し合うことです。
辛い立場に耐えているのは子どもの方です。親が介入するか子どもだけで対応してもらうか決めてください。

【子どもが介入を望んだ場合】

子どもが介入を望んだ場合、すでに子どもがいじめの重圧に限界を感じていることが考えられます。しかし、直談判するにはまだ早いと思われます。

直ちに介入をしないとしても、子どもをいつも以上によく観察し、いじめの内容を記録しておき、何かあれば、すぐに学校等に相談できるよう心の準備をしておきましょう。


【子どもが介入を望まない場合】

介入してほしくないのには子どもなりの理由があると思います。子どもを信じて、しばらく様子を見守ることも考えられます。子どもは、親が見方であると示すだけでも安心感を持てます。

子どものいじめの対処法

第三者に相談して解決させる

事態が深刻な場合、親子だけで抱え込んでいては、よくありません。信用できる第3者に相談して、適切なアドバイスをもらう必要があります。いじめについて相談できる窓口・相手としては、以下4つが挙げられます。

子どものいじめ問題は、親子だけで抱え込んではいけません。第3者に相談して適切なアドバイスをもらうことも重要です。

いじめについて相談できる窓口・相手としては、以下4つが挙げられます。

  • 学校にいじめの事実を確認してもらう
  • 教育委員会のいじめ相談窓口
  • 警察の相談窓口
  • 弁護士または調査の専門家に依頼

いじめの事実を証明するいじめ調査

被害者が加害者に直接連絡をするのはトラブルを招く恐れがあるため、おすすめできません。

相手方とは、学校などの第3者を交えて会うほうが、冷静に話し合いができます。

しかし、学校や教育引委員会はいじめの事実が明白でないかぎり、根深に対応してもらえない不安があります。また、警察も被害の証拠がない限りは動いてくれないケースが多々あります。

探偵によるいじめ調査

証拠が何もないとき、 専門家によるいじめの事実証明が解決の役に立ちます。

学校も、教育員会も、そして弁護士さえも、いじめの実態を証明するものが、何もなければ動いてくれません。しかし、親が介入しないままいじめの被害の証拠を集めておくことはできるのでしょうか。

いじめ調査の役割とは

確実な証拠と心理作戦で問題解決へ

探偵が行なういじめ解決のイメージは、「証拠収集」だと思います。もちろん、いじめの実態を撮影することで「動かぬ証拠」となり、解決に向かうことは間違いありません。

ただし、それは探偵が活動できる範囲内で起きている場合に限ります。学校内や職場内では、自分で記録するしか選択肢がなく、外部の人間が侵入して撮影すれば「不法侵入」となり、違法に取得した証拠として効力を失います。

ファミリーセキュリティでは、通常の証拠収取はもちろん、「レンタル警備おじさん」などのいじめっ子に接触して解決させる方法があります。これは、いじめっこの心理を知ることでいじめをやめさせることができるのです。

いじめで「いじめられるほうにも原因がある」などと一切考える必要はありません。まずは相談することから始めましょう。

お問合せ

いじめ調査の相談窓口

貴方のお悩みを

いじめられているかも…過剰に思い詰めてしまうと感情的に相手を責めてしまい解決に結びつかないことがあります。大切なことは、きちんとした証拠を集めてから相手に然るべき対応を取ることです。

証拠が見当たらず、解決方法が分からないという方は、当事務所の無料相談をご利用ください。

ファミリーセキュリティ窓口は、いじめ以外にも多様なトラブルに対応しトラブル解決までサポートしています。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

いじめ調査に関連するQ&A

Q

本人やいじめの加害者にバレないか不安です。内密に調査してもらえるでしょうか?

A

内密に慎重に調査結果を出すことが可能です。大変デリケートな問題ですので調査は慎重に内密に行ないます。他の調査に関しても当事務所では、専属担当がご依頼人のニーズに合わせた調査・サポートを行なっています。

Q

いじめ調査を依頼する際に予め準備しておくべきことはありますか?

A

最終的な解決目標を明確にしておいてください。例えば、「いじめの事実を確かめたい」「いじめの加害者に対し訴訟を起こしたい」などそれによって、調査方法など計画が立てやすくなります。

Q

SNS上でのいじめも調べられますか?

A

当事務所のオンライン専門調査員がご対応したします。昨今ではインターネットを介したいじめが増加しています。当事務所なら、犯人を特定したり証拠収集する専門技術を持っておりますので、安心してお任せ下さい。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop