対人トラブルサポート関連記事

Interpersonal Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 対人トラブルサポート関連記事 > ネットで起こるオンラインハラスメント│ネットの対人トラブル解決方法
公開日: 2021/10/10 最終更新日: 2021/10/08
セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事
 公開日: 2021/10/10 最終更新日: 2021/10/08

ネットで起こるオンラインハラスメント│ネットの対人トラブル解決方法

ネット上では現実の人間関係にはない、いろんなタイプの人と交流できるのが楽しみの一つでしょう。しかし、その反面では想定もしていなかった対人トラブルに見舞われることもあります。それがエスカレートするとハラスメントの被害者になることも…。

オンラインを安心して楽しむために、ネット上の人間関係トラブル解決方法を紹介したいと思います。

目次|オンライントラブル相談窓口

オンラインハラスメントとは

オンラインハラスメントの原因ときっかけ

オンラインハラスメントをご存知ですか?
SNSなどインターネットを利用した迷惑行為のことを言います。主には、ネットストーキング、いじめ、誹謗中傷、ヘイトスピーチ、搾取などの被害を受けることを指します。

若年女性の約58%がオンラインハラスメントの被害経験していることが統計で分かっています。

些細なことから対人トラブルに発展することも

ネット上の対人関係は、言いたいことを本音で言い合えたり、自分の思いに理解を得られることで満足し、心を開放できる唯一の居場所であったりすることがあります。

そのしかし一方では、お互いに素性を明かさなかったり匿名の場合がほとんどなので、あまり考えずに言い放った言葉が、知らぬうちに誰かを傷つけているということもあります。

些細な言葉が火種になって炎上したり、ターゲットにされて集中的に誹謗中傷されることもあります。その根底にあるのは下記に挙げられる人間の心理のせいだとも言われています。

  • 他人からの評価を気にするあまり
  • 認めてほしいという事故承認欲求が裏切られたときに起こりやすい

  • 程よい距離感が分からなくなる
  • 返事が来なくてイライラしたり、相手の反応を過剰に期待したりしてしまう

  • 活字だから誤解を生みやすい
  • 自分の意図していないことが伝わったり、誤解やすれ違いを招く

  • 共通のルールやマナーが定まっていない
  • ある意味で無法地帯なのでルールやマナーについて共通の認識がない

  • 対面していないので相手の心理状態がさっぱり掴めない
  • 相手が今どんな状況にいるのかなどお構いなしに接してしまいがち

オンライントラブルの実態

オンラインハラスメントの種類

具体的にどのようなオンラインハラスメントに悩まされているのでしょうか。
自分自身が受けたり、周囲で「受けた」と聞いたことがあるオンラインハラスメントは以下のようになります。

  • 誹謗中傷と名誉棄損
  • ネットストーカー
  • いじめや無視
  • 脅迫まがいのメール
  • セクハラ被害
精神的に追い詰められる

セクハラやストーカー被害は若年女性が受けるケースが多く、性的搾取や性暴力につながるケースもあるそうです。

SNSの発信から住まいを特定され、個人的にメール攻撃を仕掛け反応しないと、脅迫まがいの事をされることもあると言います。その結果、被害者は心理的に追い詰められ精神がやんでしまう人もいるそうです。

オンラインハラスメント体験レポート

もう学校へは行きたくない!

次にご紹介するのは、女子高校生のオンラインハラスメント被害を、その保護者が相談にいらした事例です。明るい未来がオンラインハラスメントの影響ですっかり暗く閉ざされたものになってしまったと言います。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 主婦
ご依頼内容: ハラスメント調査
ご依頼理由: 娘が不登校になりました。ネット上で友達とトラブルになったことがきっかけで嫌がらせを受けていたようです。
最初はグループLINE上での誹謗中傷から始まり、娘が無視していると、SNSに悪口を書かれたり、脅迫まがいのメール文を送り付けるようになったそうです。

私が一番許せないのは娘が着替えているところを盗撮してネット上に、拡散させたことです。しかも援助交際希望という文言を添えて。
娘は学校に行くくらいなら死ぬと言って部屋から出なくなりました。学校も警察もあてになりません。証拠を掴んで酷い行ないを止めさせ、娘に謝罪してほしいです。
調査レポート: 当事務所では、お母様の訴えられている内容が事実と確認すべく、迅速に情報収集をしました。
その結果、娘さんがオンラインハラスメントの被害に遭っていることは事実と判明しました。いじめの主犯について調査とや証拠収集を行ないました。

その行為は恐喝罪、名誉毀損、侮辱罪などに該当するとして、証拠を持って再び学校に訴えたところ、加害者側は保護者も含めて、罪を認め被害者に丁重に謝罪し、すべての投稿を削除させました。
被害者が再び安心して学校へ行けるようになり、和解という形で決着することになりました。

オンライントラブルの予防策

対人トラブルを回避するためのか条

炎上を起こしたり、トラブルに巻き込まれたりしないためにも、ネット上の対人関係を良好なものにするためにはある程度の心得が必要です。
特に実際に会ったことがない相手に対しては付き合う時の注意点として知っておいた方がよいでしょう。

  • 個人を特定されるような個人情報を出しすぎない
  • 投稿する前に文章や写真を見直す
  • 価値観の違いに目くじらを立てず「スルー」する
  • ネット上の友人は平等に接する
  • 自分に不利となる情報を出さない
  • 誰頭が不快に思う投稿はしないようにする
自分のネット上の対人ルールを設定しておく

オンラインハラスメントに遭わないために、ネットを利用するときの自分のルールを定めておくことが大切です。

誰かに向けて非難しない、マイナスな発言や価値観の押し付けはしないことが無難でしょう。
また、SNSでついついやりがちな、他人に多く期待しすぎないこと、他人のコメントについては、とにかく深く考え過ぎないことが肝心です。

オンラインハラスメント解決方法

トラブルへの5つの解決方法

現在、すでにオンラインハラスメント被害に遭っているという場合はどうすればいいのでしょうか。 被害の大きさや内容、段階によって異なりますが、具体的に次の5つの対処法が考えられます。

  • 無視する、気にしない
  • 冷静な話し合いの下、削除依頼する
  • SNSの機能を利用(ブロックや警告)する
  • 公的機関に相談する
  • SNSから距離を置く
深刻なトラブルには効かないこともある

ストーカーや脅迫など深刻なオンラインハラスメントになると、上記の方法は一時的にしのぐだけのやり方に過ぎず、根本的解決には至らないこと可能性もあります。

そんな時は専門機関に相談して、証拠を取るなり然るべき対応をする必要があります。

解決が難しいときの相談先

調査のプロに依頼

ハラスメント被害は放置していると黙っているのをいいことにエスカレートする恐れがあります。学校や職場、公的機関に相談しても証拠不十分だと対応してもらえないケースが多くあります。

その点において、探偵は調査のプロです。証拠従来の証拠撮影にくわえ、聞込み調査からオンライン調査までありとあらゆる調査を行い、対人トラブルが解決できるまでサポートすることが可能です。

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。

初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop