セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事

Interpersonal Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 対人トラブルサポート関連記事 > コロナ渦で増える「隣人トラブル」を穏便に解決させる方法
公開日: 2021/12/27 最終更新日: 2022/01/14
セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事
 公開日: 2021/12/27 最終更新日: 2022/01/14

コロナ渦で増える「隣人トラブル」を穏便に解決させる方法

コロナ渦で深刻な感染問題で悩まされる中、あらゆる規制を強いられるようになりました。

それに伴い日常生活におけるストレスが原因で多発している「隣人トラブル」その回避方法、遭遇した際に必要な心掛けを解説します。

目次│コロナ渦の隣人トラブル相談窓口

相談者
生活トラブルサポート
2022年1月10日 更新
テストテスト生活トラブルに関する情報を公開しております。生活トラブル以外にも、対人トラブル・男女間トラブル・洗脳トラブル・引っ越しトラブル・ナイトワークトラブルなどさまざまなトラブルに対応しております。

コロナ渦でのご近所関係の変化

コロナ隣人トラブル

在宅ワークとの因果関係

2020年の幕開けと同時に本格化したコロナによる世界規模の打撃は計り知れません。

その波は個人に対しても容赦なく押し寄せました。現在までに、多くの人々が健康面、経済面そして精神面まで脅かされてきました。

精神に影響を及ぼすきっかけとなった最大の原因は、政府による感染防止対策としての外出規制であり、それに伴うリモートワークの推奨です。

コロナによる精神的ストレス

リモートワークになったことで日中の在宅時間が増え、それまで感じなかった近隣のマナーや常識が気に障ったり、我慢できなくなったりすることでトラブルになったという人が増えています。

おそらくコロナ渦によるストレスと精神が不安定になっていることが大きな要因となっているはずです。知らないうちにそれは、問題一つなかったご近所との関係も歪めてしまう深刻な事態を作り出していたのです。

起こりがちなご近所トラブルとしてよく挙げられるトラブルは下記です。

  • 隣人や上の階の住民による生活音トラブル
  • 煙草やペットなどによる臭いトラブル
  • ゴミ出しのルールについてのトラブル
  • マンションの共有スペースでのトラブル
  • 住居の増築、植木などによる日照権トラブル

コロナによる隣人トラブル事例

これはもう嫌がらせ!?本気で憎悪されている私たち

男性
ご依頼者様: 33才/男性 会社員
ご依頼内容: 身辺調査・行動調査
ご依頼理由:

コロナになり私も妻もリモートに切り替わり、休校中の子どもはどこも行けず家で遊ばせていました。それまであまり近所とはあまり顔を合わす機会がなく、時折挨拶を交わす程度でした。トラブルが深刻化したのはコロナ渦になって半年が過ぎた頃でした。

マンションの共有部分にある郵便受けに下の階の住民から通告状が入っていたのです。そこにはこうありました。「いい加減にしてください。再三の警告を無視され、もう我慢の限界、次はないと思ってください。通報します。」妻と二人、動揺を隠せませんでした。

確かにやんちゃ盛りの子どもは、時折家の中を走ったり飛び跳ねることもしばしば。何度か下の住民からは注意を受けており、その都度私たちは謝罪し、子どもにもよく言い聞かせ、家族で騒音に気を付けていたはずです。

「訴えてやる」という内容の通告状はその後も一日おきに投函され、すでに50枚を超えてます。少し音を出しただけで、激昂する電話や、原因不明のいたずら電話もかかってくるようになりました。私たちはわずかな音でもビクビクし、子どもを叱り、神経をすり減らして過ごしています。

一度夜の9時頃、椅子を移動しただけで下の住民が怒ってガンッと打ち付けるような音がしました。子どももすっかり怯えてしまい、自分の家なのに可哀そうです。

一番問題なのは、あちらに悪いという自覚が皆無で、むしろ被害者だと思っていることです。今後何をされるのかと思うと恐ろしくてたまりません。彼らのやっていることを嫌がらせだと自覚させ止めてもらうためにはどうしたらいいでしょうか。

調査レポート

今回のケースでは騒音のクレーム後、ご依頼者は細心の注意を払って生活をしています。

しかし、下階の住人の嫌がらせはエスカレートしていることに違和感を感じました。明らかに度を越した行為も行っています。
そこで、まずは騒音の原因を特定する調査を行ないました。すると、生活音以外にも気になる音が確認されたのです。

その音の発生源を調査したところ、なんとその音の発生源はご依頼者の隣人宅のベランダにあるエアコンの室外機から出ているものと判明しました。これではいくらご依頼者が注意して生活していても収まる訳がありません。

勘違いが招いたトラブル‥

その調査結果をもとにご依頼者、下階住民、そしてご依頼者隣人と話し合いを行ったところ、下階の住民も「いくら注意をしても聞き入れて貰えない苛立ちからこのような行為を行ってしまった、やりすぎだった。」と反省している様子です。

ご依頼者隣人も「自分の家の問題でこんなことになっているなんて思わなかった、直ぐに修理してもらいます。」とのことで、話し合いは終了しました。

後日、ご依頼者から「隣人はすぐに室外機の修理をしてくれたようで、下階の人からの嫌がらせも収まりました。」とご連絡をいただきました。

今回のケースのように勘違いから起こる隣人トラブルは実は少なくありません。調査によって真実を確かめるということは問題解決において非常に大切な要素だと言えます。

隣人トラブルの実態調査

穏便に解決するために必要な調査

隣人トラブルといってもさまざまなケースがあります。臭いや騒音、自治会のルールや人間関係など。

しかし、その都度衝突してしまっていては事態をさらに悪化させてしまうことでしょう。
せっかく心機一転引っ越してきたのに、泣き寝入りしてすぐにまた引っ越しなんてしたくないはずです。

トラブルを穏便に解決するためには今起きているトラブルの実態を明らかにすることが大切です。

実態調査とは?

実態調査とは、トラブルや困りごとの事実関係の確認と証拠収集を目的とした調査のことを言います。

生活実態や企業実態など、さまざまなシーンで用いられ、その方法は尾行や張り込み、時に潜入など、探偵独自の手法で実態を調査していきます。

実態調査の必要性

起きてしまったトラブルはなかったことにはできません。大切なのはいま起きているトラブルを放置せず、どう向き合っていくかではないでしょうか。

実態調査の目的は、そこで何が行なわれているのかを正確に特定することです。

隣人トラブルの回避と対処法

コロナ隣人トラブル

トラブルを回避するにはどうする

コロナによるストレスという大きな負荷がかかる現在社会では、隣近所との友好な関係を保つためにも自分たちなりにトラブル予防対策をしておく必要があります。

とくに騒音は自覚がないうちに加害者になっていたりなど、トラブルが発生しやすいので行動を心掛けることが大切です。小さな子どもがいる家庭は特に下記についての配慮が必要になります。

  • マンション購入時に一階を選ぶ
  • リモートになった時点でご近所の方々と取り決めたりお詫びを入れておく
  • 子どもがいる場合は防音マットを敷いておく
  • 生活音のでやすい掃除・洗濯を日中に行う
  • 隣人に対して丁寧な対応を心がけ交流を図っておく

トラブルになった場合の3つの対処法

隣人トラブルはが起きてしまってからではすでに遅いケースが多いといいます。相手を不快に感じていると、被害者意識が過剰になり、その人が立てる小さな音や話し声などでさえもイラっとしてしまうものです。

しかし、住み心地は良いに越したことはありません。今の暮らしや環境を手放したくないのなら、何とか解決させたいものです。トラブルが勃発してしまってからは、なかなか話し合いで円満解決とはいかないものです。

解決させるうえで必要な対処方法としては次のようになります。

当事者同士の話し合いは避けるようにする

当事者同士だとどうしても感情的になってしまい、関係が悪化してしまうことも少なくありません。
間に中立の立場で双方の話を聞ける人を挟むことをおすすめします。

管理会社や役所などに対応してもらう

マンションの場合は管理会社や家主に相談して解決へと導いてもらいます。戸建ての場合は自治会・町内会や市役所の生活課に相談するとよいでしょう。

しかし、それは専門とはかけ離れた無償のサービスであり、ストーカーや嫌がらせなどの行為にまでなると、解決するまでの十分な対応ではない場合が多いようです。

嫌がらせ行為などは専門家に相談する

真夜中にインターホンを鳴らしたり、郵便物を荒らすといったような迷惑行為や嫌がらせの類では通常警察は動きません。嫌がらせと確信できる証拠がないからです。

その場合は調査や証拠収集の専門家に相談して解決させることをお勧めします。

コロナによる隣人トラブル相談窓口

どんな悩みも相談してみてください

コロナによる隣人トラブルは、昨今、問題視されています。トラブルは予期できないものも多く防ぎようがないケースもあります。

自分で抱えきれなくなってしまうほどトラブルが大きくなる前に、手遅れになる前に当事務所へご相談ください。

当事務所の無料相談では、お悩みに合わせた対処方法をアドバイスいたします。1回のご相談で解決しない場合は、複数回ご相談いただいても構いません。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、お気軽にご相談ください。安全な暮らしを取り戻せるまで全力でサポート致します。

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、出張相談を実施しております。

初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますので、お気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、依存について相談することから始めましょう。

実態調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、依存による被害の状況、依存解除対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須)
    お住まい地域 (必須)
    ご連絡先 (固定電話・携帯) (必須)
    メールアドレス (必須)
    要望・質問

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    関連するQ&A

    Q

    他の探偵事務所で断られたのですが、調査できるか相談にのってもらえますか?

    A

    もちろん可能です。詳しくお話をお伺いしたのちに、調査可能か判断させていただいております。専門の相談員によるお電話やメール、LINEでの無料相談をお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

    Q

    騒音の被害者側ですが注意したら逆恨みされ、騒音がますますひどくなりました。騒音トラブルの解決サポートは可能ですか?

    A

    はい、可能です。弊社では、隣人トラブル専任の部署がございます。経験豊富なスタッフが常駐しておりますので、お気軽にお問い合わせください。専任スタッフが解決までサポートさせていただきます。

    Q

    近所の人と友好な関係を築きたいと思い挨拶したら、かえって裏目に出てストーカーのターゲットにされました。どのように解決してもらえるでしょうか?

    A

    ご希望の解決方法をお聞かせください。ご希望の解決方法によって必要な証拠や調査方法に違いがでる場合があります。詳しくお話をお伺いした後に、そのために必要な取り組みについてアドバイスさせて頂きます。

    関連記事

    記事検索

    探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

    (C) ファミリーセキュリティ

    pageTop