男女間トラブルサポート関連記事

Gender Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 男女間トラブルサポート関連記事 > 男女間のトラブル|パパ活、マッチングアプリの危険性
公開日: 2020/10/27
セキュリティガイド - 男女間トラブルサポート関連記事
 公開日: 2020/10/27

男女間のトラブル|パパ活、マッチングアプリの危険性

今回は『男女間のトラブル|パパ活、マッチングアプリの危険性』というタイトルでお話ししたいと思います。男女間で起こるトラブルに関する法律と必要な証拠とトラブルの相談先、ニュースも踏まえて詳しく掘り下げていきましょう。

男女間で起こるトラブルに関する相談窓口

男女間のトラブルとは?

近年の男女間のトラブル

DVが直接的または主要な原因となる離婚が増加

男女間のトラブルでは、DV(家庭内暴力)によるトラブル、借金による金銭的なトラブル、ストーカーによるトラブル、婚約詐欺などの詐欺トラブルなどがあります。なかでもDVでは近年の新型コロナウイルスの影響で、家にいる時間が長くなったことで、外出自粛の不満の末路による『コロナDV』という暴力被害が増加傾向にあるとされています。

警視庁関係者は「東京でDVや虐待の相談が急増している」と危機感を4月時点で語っていますが、橋本聖子女性活躍担当大臣は10日の会見で、都内の「深夜休日の電話相談体制の拡充」と「SNSやメールによる相談体制の導入」を発表しました。あらゆる企業でテレワークが主流となってきているなかで、内閣府と厚労省は4月3日に、地方自治体に対して「DVの相談と保護業務は継続して、迅速に行ってほしい」と述べました。そのほか、昨今になって『コロナ離婚』といった造語も頻繁に見聞きするようになりました。

男女間トラブルに関する法律

法律と必要な証拠

男女間のトラブルにおける法律にはどのようなものがあるのでしょうか。男女間でのトラブルは自宅や家族間で起こるプライベートなものだけではありません。なかには雇用関係上で起こるものもあります。

DV防止法(配偶者暴力防止法)

配偶者からの暴力に係る通報、相談、保護、自立支援等の体制を整備し、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図ることを目的とする法律です。被害者が男性の場合もこの法律の対象となりますが、被害者は、多くの場合女性であることから、女性被害者に配慮した内容の前文が置かれています。

リベンジポルノ防止法

この法律は、私事性的画像記録の提供等を処罰するとともに、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)」の特例等について定めることにより、個人の名誉や私生活の平穏の侵害による被害の発生、又はその拡大を防止することが目的とされています。

ストーカー規制法

ストーカー行為を処罰するなどストーカー行為について必要な規制を行うとともに、その相手方に対する援助の措置等を定めることにより、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の安全と平穏に資することを目的とされています。

男女雇用機会均等法

職場における男女の差別を禁止し、募集・採用・昇給・昇進・教育訓練・定年・退職・解雇などの面で男女とも平等に扱うことを定めた法律です。97年に一部改正され、女性保護のために設けられていた時間外や休日労働、深夜業務などの規制を撤廃しました。さらにセクシャル・ハラスメント防止のため、事業主に対して雇用上の管理を義務づけています。

パワハラ防止法

改正労働施策総合推進法の通称。パワーハラスメント(パワハラ)の防止を企業に義務づける項目を盛り込んで2019年に成立し、20年6月に施行されました。職場でのパワハラを、「優越的な関係を背景にした言動で、業務上必要な範囲を超えており、労働者の就業環境が害される」ものと定義し、予防と再発の防止を求めています。

パパ活やマッチングアプリは危険?

パパ活やマッチングアプリは危険?

昨今流行している傾向にあるパパ活やマッチングアプリ。その定義から問題提起まで、一緒に考えてみましょう。

パパ活って何?

若い女性や男性が金銭的援助を受けるために年上の交際相手を募集し、食事などを共にする行為を指す俗語です。若い女性と年上男性との交際は「パパ活」、若い男性と年上女性との交際は「ママ活」と呼ばれています。交際相手の募集でSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やマッチングアプリケーション、出会い系サイトなどが用いられ、パパ活やママ活が行われます。しかし一昔前に流行った『援助交際』とは異なり、性的関係を伴わない交際が基本とも言われています。性被害に遭うケースも少なくなく、近年では「パパ活」が未成年の間でも横行していて問題になっていて、「ママ活」も周知され始めています。そのため警察がサイバー補導を強化して行っています。

マッチングアプリってどんなアプリ?

恋人や結婚相手を探す者同士など、さまざまな需要に応じて事業者・個人を仲介するウェブサイト、およびアプリケーションです。事業者同士の仲介をするものはビジネスマッチングサイトともいう。男女間で使われるサービスは、『マッチングサービス』、『マッチングアプリ』『マッチングサイト』『出会い系サイト』『出会い系アプリ』など様々な呼び名があります。男性は課金する事でサービスを利用できる事が多く、女性は無料で使える事が多いです。気になる異性を検索して、メッセージを送って交際や結婚に発展する画期的なツールですが、近年ではマッチングアプリで知り合った人への性犯罪のトラブルも多くなってきています。

よくある質問・Q&A

男女間のトラブルや調査に関連するよくある質問

昨今では新型コロナウイルスの影響により、家にいる時間が増えたことによる不満やストレスのはけ口が、夫婦間の暴力に向かってしまうケースも少なくありません。実際に体験者の方は、どのようなご質問を抱えていらっしゃるのか、調査にあたってどんな事を疑問に思っているのか、本項目で見ていきましょう。男女のトラブルは家庭内だけではなく、全然知らない異性に好意を抱かれていた際にもストーカーなどのつきまとい行為が起こり得るので、男女間のトラブル=DVしかないとは言い切れないのが現状です。

関連するQ&A

Q

女性関係にルーズなパートナーの浮気癖を疑う。ファミリーで調査していただくとしたら、浮気調査に当てはまるのかな、と思っていますが、具体的に浮気調査ってどんな調査を行うんですか?

A

主に浮気の証拠収集となります。 浮気調査とは、浮気を証明するために行う調査のことで、主に、「行動調査」「素行調査」によって浮気の証拠を収集したり、浮気相手の住所をつきとめたりします。

Q

恋人の借金を肩代わりされそうで別れたい。弁護士相談したいのですが、ファミリーには顧問弁護士がいますか?また相談に乗ってもらう事は有償ですか?

A

顧問弁護士のご紹介が可能です。顧問弁護士が在籍している探偵事務所であれば、依頼者も安心して浮気調査を依頼する事ができます。探偵が紹介する弁護士は、離婚調停や裁判の経験が豊富なので、離婚の話し合いをすすめる上でこの上なく心強い存在となってくれることでしょう。

Q

リベンジポルノって何ですか?

A

リベンジポルノは復讐(ふくしゅう)を目的として、撮影対象者の同意なく性的な写真や動画などを流通させる行為 を指します。該当するリベンジポルノ防止法には(1)性的な写真や動画などを提供した者を罰する公表罪と(2)そのような記録物などを公表する目的で提供した者を罰する公表目的提供罪の2種類があり、(1)の公表罪では3年以下の懲役または50万円以下の罰金が処罰の内容になります。また(2)の公表目的提供罪では1年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられます。ただし、被害者が刑事告訴しなければ、処罰の対象とはなりません。

Q

DVの相談窓口を教えてください。

A

配偶者暴力相談支援センターなどの身近な相談窓口があります。配偶者からの暴力に悩んでいることを、どこに相談すればよいかわからないという方のために、全国共通の電話番号(0570-0-55210)から相談機関を案内するDV相談ナビサービスを実施しています。

男女関係のトラブルニュース

男女関係のトラブルニュース

男女関係のトラブルで警察に相談も…車の中で殺害された女性

群馬県高崎市で18日夜、停車中の乗用車内で女性が刺されて死亡した殺人事件があり、群馬県警は19日、亡くなったのは新潟市東区白銀、会社員大沢佳那子さん(30)だと発表した。新潟県警によると、大沢さんは6月1~11日に4回、男女関係に関するトラブルで新潟東署に相談をしていた。群馬県警によると、18日午後7時35分頃、高崎市旭町の乗用車内で、大沢さんが胸を複数回刺されているのを、110番を受けて駆けつけた警察官が発見。大沢さんは搬送先の病院で死亡が確認された。捜査関係者によると、通報した通行人の女性は、クラクションと叫び声を聞いて乗用車を見たところ、運転席にいた大沢さんが、助手席側にいた男から覆いかぶさられて胸のあたりを何かで刺されていたという。

銃痕ある2遺体、愛知の男女 内縁関係トラブルか 千葉

千葉県長生村岩沼と茂原市腰当で22日に見つかった、頭部などに拳銃で撃たれた痕がある男女の遺体の身元について、茂原署は23日、男性が愛知県愛西市早尾町南川並の梅田慎二さん(41)、女性が同県蟹江町西之森9丁目の韓国籍、金正枝(キムマサエ)さん(61)と発表した。司法解剖の結果、金さんの死因は拳銃で頭と首の2カ所を撃たれたことによる外傷性ショックと判明した。 署によると、2人は内縁関係で、2018年と19年に1回ずつ、愛知県警にトラブルの相談をしていたという。現場や遺体の状況などから、署は何らかのトラブルが原因で梅田さんが金さんを射殺し、その後自殺した可能性があるとみて、経緯を調べている。

渋谷・致死量の100倍の覚せい剤で死亡事件

2018年7月22日東京都渋谷区の容疑者宅で、当時28歳の女性が死亡している姿で発見されました。死亡原因は「致死量の100倍以上の覚せい剤を摂取させられた」事で、逮捕された石原信明容疑者の年齢は69歳という年齢でした。二人が出会ったのは、「会員制の交際クラブ」だったと報道されました。殺害された当日、二人が会うのは4回目だったそうです。石原容疑者は容疑を否認しています。石原容疑者に対して「大量の覚醒剤を入手できるほど潤沢に金を持っていた人だった。五十嵐さんと出会ったのは都内の高級デートクラブとみられ、最上位の会員だと年会費だけで30万~50万円、デート1回あたり2万~10万円の紹介手数料を支払う必要がある。税理士法人や不動産関連会社の役員を務めるほか、自身が代表の不動産会社も営み、複数の収入源があったようです」(同前)と関係者は語っています。

男女間トラブルの相談先について

男女間のトラブルの相談先について

公的機関には各男女問題への対策・アドバイスはしてもらえますが、問題解決を直接行ってくれるわけではありません。ただし、どのように解決したらよいか的確にアドバイスをしてくれるので、まずは無料相談を活用してみてはいかがでしょうか?男女トラブルに対して、相手の調査は探偵、その後の慰謝料請求などの交渉は弁護士に依頼することが一般的です。


配偶者暴力相談支援センター

適宜カウンセリングや、被害者及び同伴者の緊急時における安全の確保及び一時保護を行っている機関です。下記アドレスが男女参画局による各都道府県のDV相談支援センターの電話番号リストです。


法テラス

各都道府県にも法テラスがあるので、そちらの窓口に相談してみて下さい。法テラスでは弁護士がいて無料相談ができますが、弁護士相談は3回までが無料となっています。法テラスはこちら


厚生労働省ハラスメント悩み相談室
こちらではマタハラ、セクハラ、パワハラなど様々なハラスメントの無料相談を行っています。お問合せはこちら(平日12:00-21:00、土日10:00-17:00 ※祝日年末年始以外)

男女間トラブルに関する調査相談

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop