引っ越し立ち合いサポート関連記事

Moving Witness Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 引っ越し立ち合いサポート関連記事 > 引っ越して解決するはずなのに…なぜ引っ越し先がバレたのか
公開日: 2020/09/02 最終更新日: 2020/08/21
セキュリティガイド - 引っ越し立ち合いサポート関連記事
 公開日: 2020/09/02 最終更新日: 2020/08/21

引っ越して解決するはずなのに…なぜ引っ越し先がバレたのか

近隣住民の嫌がらせや執着するストーカーから逃げるために、転職や引越しを考えている人もいるのではないでしょうか。引っ越し前後のトラブルを回避するために弊社のサポート調査を踏まえて詳しく掘り下げていきましょう。

引っ越し立ち合いサポート相談窓口

引っ越す前の相談事例

探偵に相談される引っ越し前の相談内容

年々、被害が増えているストーカーやDV(ドメスティックバイオレンス)被害者が、居場所がバレないように引越しを考えている方が増えています。しかし、安易に引越しをしてもまた居場所を突き止められる可能性があるため、引越しをするときには慎重に準備を重ねる必要があります。

  • 近隣の騒音が耐えられない
  • ストーカーから逃れたい
  • マンションの隣人から異臭がする
  • 犯人がわからないが嫌がらせをされている
  • DV夫から逃げるため
  • 子供がいじめにあっている
  • 監視されている気がして落ち着かない

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

引っ越す前に確認しておくこと

引っ越し先がバレないために

引っ越しが決まったら、すぐに部屋の中に盗聴器がしかけられていないかチェックするようにしてください。また、車両にGPSが付いてないか確認してください。これを放置していたら、自分の生活音や新住所を犯人に知られてしまうことになります。引越しには少なからずリスクが伴いますが、引越しによって完全にストーカーや近隣住民との繋がりを断つことができるのなら、引越しはやはり最良の解決法といえるでしょう。

  • 盗聴器がついていないか確認する
  • GPSが車両についていないか確認する
  • 引っ越し日がバレないように引っ越し業者に伝える
  • SNSやブログなど情報を発信しない
  • 周囲の人に聞き込みされてもバレないようにする

引っ越して本当に解決するのか

引っ越して解決しない例もある

「ストーカーから逃げるための引越し」「近隣との人間関係に疲れた」など、引っ越す理由として、近隣やストーカー加害者と一切「関わりたくない」と思い決断しているはずです。近隣住民とのトラブルの場合、引っ越すことで関わりを断つことができますが、執着心の強い人物の場合、引っ越し先を調べようとしたり、子供の学校を調べようと必死に動く事例があります。目的が「関わりを断つ」ための引っ越しであれば絶対に引っ越し先を知られてしまうことは避けなければなりません。

引っ越しても解決しなかった事例
  • 子供の学校を変えたくなかったので近くに引っ越したら引っ越し先がバレてしまい、悪評がさらにひどくなってしまった。
  • しつこいストーカーから逃れるために引っ越しをしたが、新居にも嫌がらせをされて逃れられない。
  • DV夫から避難すべく実家の近くでワンルームを借りたらなぜか知られてしまい引っ越しができなかった。

安全に引っ越しをするために

引っ越し日の注意点

引越しをすることをストーカーに知られたら、引越し当日に尾行される可能性もあります。特につきまといの被害に遭っている人は注意してください。引越しを近隣に悟られないためにも、荷物は少しずつ運び、引越しをすることがわからないくらいのレベルで行いましょう。ストーカーの中には、家族のフリをして近隣住民に聞き込みをしたり、業者を使って新住所を入手しようとする人もいます。

  • 一目見て「引越しをする」とわかるトラックは控える
  • 自宅周辺に不審な人物がいないか確認する
  • 引っ越しをすることを近隣住民に言わない
  • 勤務先には引っ越し先をいわずしばらく郵便転送する
  • 引っ越し当日探偵にサポートしてもらう

引っ越し後の注意点

引っ越し後3カ月は様子見

引越しが無事に済んだからといって油断はせず、平穏な日々を取り戻すために情報の管理は徹底する必要があります。

住民票の閲覧制限

市区町村の住民基本台帳事務において、住民票の写しなどの請求を拒むことができる閲覧制限などの措置を下記に該当する場合、被害者の保護の支援措置が申請できます。もし住民票を引っ越し先の新しい住所に移す場合は、必ず住民票の閲覧制限をしてください。また、住民票を移動しない方の郵送物を郵便局留めで対応することができます。

  • 配偶者からの暴力
  • ストーカー行為等の被害者
  • 児童虐待を受けるおそれがある
情報漏えい確認と注意点
  • 盗聴器・GPSがついていないか再度確認する。
  • 近隣住民にどこから来たか言わない。
  • 職場にもできれば伝えない。
  • 近隣へのあいさつも控える。
  • SNSなどで画像をアップしない。

引っ越しサポート費用と注意点

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当社窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

引っ越し立ち合いサポート 引っ越し前・引っ越し当日サポート60,000円~
引っ越し作業・トラック手配 引っ越しのお手伝い(夜逃げ等)120,000円~
盗聴盗撮GPS発見調査 引っ越し前80,000円~

ご契約以外の調査を事前説明なしに行い、請求することはありません!

近年、探偵事務所等で不正な料金を請求されるなどのトラブルが多発しております。当事務所では、ご契約された内容以外の調査をご依頼者様の了解なしに行うような事は一切ございません。もし調査の上で必要な場合であっても、必ず事前にご依頼者様に調査の必要性、内容をご説明の上、ご了解をいただいてから調査いたします。

引っ越しサポート依頼方法

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop