お知らせ

News

ホーム > お知らせ > 法改正後のGPS取り付けについて│GPS発見調査相談
公開日: 2021/10/22 最終更新日: 2021/10/19
お知らせ
 公開日: 2021/10/22 最終更新日: 2021/10/19

法改正後のGPS取り付けについて│GPS発見調査相談

不法侵入という間接的な罪でしかストーカーを逮捕できませんでしたが、令和3年8月26日よりGPS取り付けと、位置情報を取得した直接的な罪に問うことができました。

そこで、加害側のGPSの法の目をくぐった新しい設置場所等について考察していきます。

目次│法改正後のGPS対策相談

GPS機器等で情報を取得とは?

改正後のストーカー規制法で変わった点

令和3年6月15日より従来のストーカー規制法の改正がありました。「実際にいる場所における見張り等」や「拒まれたにもかかわらず、連続して文書を送る行為」が規制対象でした。

しかし同年8月26日より更に改正され「GPS機器等を用いた位置情報の無承諾等」が制定されました。

大きく分けて2項目あります。「あなたの承諾なく、あなたの所持する位置情報記録・送信装置(GPS機器等)の位置情報を取得する行為」「あなたの承諾なく、あなたの所持する物に位置情報記録・送信装置(GPS機器等)を取り付ける行為」が規制対象に加わりました。

ストーカー行為はいまだ法律では厳しい処罰の対象ではないため、該当する行為をした場合は警告や禁止命令等の対象となります。何度も行うと今度はストーカー行為罪の対象となります。

まずGPS等で情報を取得する際に恋愛感情論が出るのですが、これが満たされない時の怨恨衝動として相手の承諾なしに相手のスマートフォンに無断でアプリをダウンロードして位置情報を取得する、あるいは相手の承諾なしに相手の所有物にGPSを取り付けることが今回の規制に加えられました。

恋愛感情を前提としていることがそもそもおかしいのですが、だからといって恋愛感情以外による位置情報を取得する処罰が将来もないわけではありません。詳細は3章をご覧ください。

gps機器で情報を取得

所有物でなければGPSを設置してもいいの?

基本的にGPS等は相手につけてはいけません

新しい規制によって、疑問を呈するのは「所有物でなければGPSをつけていいのか」ということと、「無断でつけていなければ所有物につけていいのか」ということでしょう。

まず所有物というのは相手の持ち物です。だからといって相手の持ち物以外で共通で利用するようなたとえば会社所有物のスマートフォンや車両、あるいは会社や学校が支給しているような制服や靴あるいは鞄は、個人が利用していることから会社や学校から貸与支給されているため個人の所有物とみなしてもよいでしょう。

さらに「無断でGPS等をつけていなければいいのか」ということですが、会社が従業員にたいして安全確保のためにGPS等を貸与しているスマートフォンや車両につけることを前もって本人が承諾していればそこの合意成立するでしょう。

しかし、相手の所有物になるのをいいことにGPS等を装着済のプレゼントを渡した場合、相手はGPSがプレゼントに装着されているのを知らないため、これは法律違反になります。

GPS取り付けに一考

監視カメラのこれから

個人的なGPS設置は容易ではない社会へ

昨今、公共の至るところで監視カメラが設置されています。そしてホームセキュリティ企業が公共の場での防犯カメラが必要かどうかアンケートを行った結果、8割以上の人が街に防犯カメラは必要としています。

暮らしの安全のためそして身を守るため防犯カメラは至るところで見られます。しかし現在の防犯カメラは地上に取り付けられた個々のカメラからの中継をつないでいるにすぎません。

現在、アメリカのSpaceXがスターリンク・量子インターネットの準備を進めており、世界中に普及すると言われています。

スターリンクは12000機もの衛星を立ち上げることになります。これらの衛星が連携することで地球上のすべてのインターネットを管理するとともに地球上の犯罪を監視すると言われています。

実際に稼働しないと分からないこともあり真相は明かされていませんが、特に防犯に役立つようで犯罪がスターリンクの稼働によって激減するとされています。

未来の監視社会

GPS等で行動を監視されていると感じたら

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

GPS取り付けに関連するQ&A

Q

GPSを車に取り付けられたかもしれない

A

車内・車外を調べる必要があります。法改正後、取り付ける側も簡単に手の届く場所に付けるようなことはしないかもしれません。もし、発見できなかったらGPS発見を専門とした調査が可能なのでお気軽にお問合せください。

Q

GPSの電波を妨害する機器があると伺ったのですが…

A

gpsシグナルを抑止する「GPS電波ジャマー」が販売されています。GPS妨害装置は日本でも入手することができますが、法的には問題無いかはグレーのレベルでしょう。

まず、GPS対策について相談することから始めましょう。

GPS対策相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、GPS無断取り付け被害の状況、GPS対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須)
    お住まい地域 (必須)
    ご連絡先 (固定電話・携帯) (必須)
    メールアドレス (必須)
    要望・質問

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    関連記事

    記事検索

    探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

    (C) ファミリーセキュリティ

    pageTop