セキュリティガイド - ホームセキュリティ関連記事

Home Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > ホームセキュリティ関連記事 > 騒音は公害?意外と知らない騒音の影響や解決事例について
公開日: 2022/01/10 最終更新日: 2022/01/28
セキュリティガイド - ホームセキュリティ関連記事
 公開日: 2022/01/10 最終更新日: 2022/01/28

騒音は公害?意外と知らない騒音の影響や解決事例について

今回は『騒音レベルをチェックしよう』というタイトルでお話ししたいと思います。実際にどのような騒音事例があるのか、騒音リストを踏まえて詳しく掘り下げてみましょう。

目次|騒音トラブルや被害でお困りの方へ

相談者
生活トラブルサポート
2022年1月9日 更新
騒音調査の担当者が書いた騒音トラブルに関する情報を公開しております。騒音トラブル以外にも、対人トラブルや嫌がらせなどさまざまなトラブルに対応しております。

騒音について

騒音って何だろう?騒音の定義について

眠れないときに騒音がうるさいとやっぱり迷惑ですよね。しかし相手が工事業者や一企業であると、言える苦情も言いにくいという気持ちはよく理解できます。そもそも騒音って何なのかという点を詳しく掘り下げてみたいと思います。

騒音とは快適な生活環境を阻害する騒音や振動のことを指しています。また、好ましくない音の総称でもあることで広く知られています。

社会には騒音トラブルといって近隣住民や企業、工事業者の出す音を不快に思い、言い合いになったりするトラブルがあり、たとえば一般的に騒音と定義されるものの一例として下記のようなできごとが挙げられます。

  • 80デシベルをこえるような特に強い音の連続的発生による健康被害
  • 安眠を妨げたり、いらいらや不安感など心理障害を引起す音
  • 仕事や勉強などを阻害して、能率の低下などを引起す音
  • 会話など日常生活の妨害をする音

このほか不快な音色もあり、これを発生源別に分けると6つとなりますが、ここでは「近隣騒音」「自動車騒音」「建築工事騒音」など個人間で起きやすいトラブルについて詳しく解説していきたいと思います。

  • 工場騒音
  • 建設工事騒音
  • 自動車騒音
  • 鉄道騒音
  • 航空機騒音
  • 近隣騒音

日常生活の騒音

生活でありがちな騒音リスト

下記の表に騒音レベルを色分けしてまとめました。ぜひ参考にしてください。

騒音表

一般的に望ましい音のレベルは40db~60dbと言われています。また、聴覚障害になる可能性があるdbと時間も決まっています。

85db以上の大きな音を長時間・長期間聴くことによって騒音性難聴になる可能性があります。db数が大きくなればなるほど短時間で難聴になるリスクが高まるので気を付けてください。

ちなみに、ドライヤーの音は100db出ていて、15分が限度ということを知っていましたか?ドライヤーで髪を乾かす際は注意してください。

騒音性難聴

騒音性難聴になると聴力は元に戻りません。この難聴は内耳の感覚細胞が障害され、初期症状では耳鳴り、そのあと高音域の周波数4000Hz周辺の音が聞き取りづらくなっていきます。

会話をする分には支障は出ないのでそのまま症状が進行してしまうケースが多く、そのまま進むと会話に支障をきたします。そうならないためにも、賑やかな場所はなるべく避ける、もしくは行った後は耳を休めるようにしましょう。

自分でできる騒音対策の種類

生活音が気になってしまう方へ

騒音はまず自分でできる対策を行なってみましょう。もし解決しない場合、マンションやアパートの管理会社および大家さんに連絡し、それでも解決されなければ騒音測定会社に調査を依頼しましょう。

自分で対策をする場合は、防音カーテンや防音マット、耳栓、イヤーマフなどで対策を取ってみるのも良いかもしれません。

環境省では大きく分けて家庭用機器からの騒音と、住宅設備・構造からの騒音音響機器からの騒音、ペットの泣き声や話し声などのその他の騒音4つに分類されます。

なかでも昨今の防音対策グッズは機能性に優れていて、目的にあった用途でお使いいただけるのでおすすめです。

防音壁

遮音壁とも呼ばれるこの壁は、騒音の発生源となっている道路や駐車場などから周囲を静かに保つために、音圧を減退させるための壁です。価格も割安で、多くはアルミやグラスウールが使われています。

防音パネル

防音パネルは建物の外壁に用いられます。石膏ボードやアルミ、セラミックなどが使われることが多く、簡単に設置でき時間もかかりません。

遮音シート

天井や床などに付けて外部に音が漏れるのを防ぐシートのことです。柔軟性に富んでおり、加工がしやすいのが特徴です。

防音カーテン

音を遮るカーテンのことですが、音だけではなく断熱や遮光の効果もあり、音に関しては室内からの音漏れや外部からの騒音の侵入を防ぎます。楽器を弾くご家庭におすすめです。

防音マット・コルクマット

床に敷いて下層階への音漏れを防ぎます。ジャンプしたり、ドタバタと歩いたり、お子様がいるマンションやアパートの上階のご家庭におすすめです。天然コルクで作られた防音マットの一つです。

探偵が扱う騒音トラブルの相談事例

探偵が必要な騒音トラブル事例

当事務所は「住まい」の安心を維持するために、サポートさせていただくことを主旨として運営していいます。騒音は音に対するストレスやトラブルを回避するために、専門のスタッフが音の原因追及をおこない改善するまでサポートするサービスです。

  • 真夜中に意図的な騒音を出している(ドアを閉める音・携帯電話の着信音や話し声・大音量での音楽の再生や楽器の演奏・ペットなど)
  • 乗り物などによる騒音に迷惑行為している(バイクの音・車の音・必要のないクラクションなど)
  • 室間添随症(しつかんてんずいしょう)による騒音被害
  • 建築現場や飲食店や工場の騒音被害

騒音については受忍限度の範囲を超えた数値が調査で発覚すると裁判の証拠資料として告訴できる可能性が高くなってきます。

ある程度自分で調べられるのであれば、音の大きさと発生源を自ら特定することは可能かと思います。しかしどうしても難しい場合は、まず探偵社に調査を依頼することを検討するのがベターでしょう。

室間添随症とは

ひきこもりや、ひきこもりがちな人が近隣住人の目を過度に意識し、「自分はニートではない」と周囲にアピールしようとして、執拗に隣人の生活リズムを把握しようとする症状。つきまといやストーカー行為に分類されます。

受忍限度について

受けた騒音による苦痛の程度が、賠償請求してしかるべき程度といえるか、あるいは社会生活を営む上で我慢するべきといえる程度であるかを判断する水準となります。

受忍限度は、主に精神的苦痛を理由とする訴訟において争点の一つとなるものです。騒音被害を訴える裁判では、騒音の程度は重要な判断要因とされます。

環境省は「騒音に係る環境基準」として、昼間・夜間それぞれの騒音の限度の基準を策定しています。騒音の他にも、振動、悪臭、日当たり、といった環境まわり、あるいはプライバシーの侵害、名誉毀損といった事柄に関しても、受忍限度が顧慮されます。

探偵が行なう騒音問題は、音の調査を含めた「嫌がらせ」の要素が強く、故意に音を発生させているため測定だけでは解決しない案件が多くあります。

騒音調査体験レポート

マンションやアパート上階の騒音

マンションやアパートに住んでいるとどうしても上階の子供の泣き声や、足音、怒鳴り声、笑い声などが気になるときがありますよね。下記に1人暮らしのマンションでの騒音トラブルの体験レポートをまとめました。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 会社員
ご依頼内容: 騒音調査
ご依頼理由:

上の階のドンドンという音が気になっていたが、自分では言い出しにくいので測定して代理で上階に住む住民に説明してほしい!

調査レポート:

今回は騒音調査ということで、たまたまうるさかったと言い訳されないように定期的に継続した騒音調査を行ないました。デシベルで説明するのではなく、第三者からみても気になるレベルであることを証明する必要があります。

調査員が感じたレベルでは、「うるさい」と判断できるレベルだったので、音の発生源と下の階に聞こえる騒音を動画と数値で上階の方に説明したところ、「改善する」との回答を得られたので調査終了としました。

当事者同士ではうまく説明できないことも第三者がはいることによってスムーズに解決する事例が数多くあることを知って頂ければと思います。

受忍限度を超えた騒音

前の項目でもあった『受忍限度』は、各市町村の自治体によって受忍限度の基準の取り決めが微妙に異なります。近隣による騒音トラブルにより精神的な苦痛を受けたので、受忍限度の範囲を超える音量であることを証明する必要があります。

男性
ご依頼者様: 40代/男性 会社員
ご依頼内容: 騒音調査
ご依頼理由:

夜間に隣の家の音がうるさかったため騒音調査を依頼しました。今住んでいる家は購入しており、引っ越すという選択肢がないことから解決させるしかないと思い専門家の力を借りることにしました。

調査レポート:

隣人から発生する騒音が受忍限度を超えるレベルなのか第三者が証明する調査となります。日常生活で発生するレベルを超えている騒音問題は「故意」に発生させている嫌がらせの可能性があり、その点も注意して調査することになりました。

調査して判明した結果は、ご依頼者が帰宅したと同時に大音量でテレビや音楽を流していてあきらかに嫌がらせと判断できる状況なので全て記録しました。

80dbを超える騒音も確認できたことから、今回は弁護士をとおして損害賠償請求をすることとなり調査終了となりました。

騒音調査料金について

騒音測定プラン 測定調査9時間(朝・昼・夜の3稼働):162,000円

追加料金は一切なし!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

騒音調査の相談・依頼方法

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。

初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

騒音相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、騒音の状況、騒音測定に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須)
    お住まい地域 (必須)
    ご連絡先 (固定電話・携帯) (必須)
    メールアドレス (必須)
    要望・質問

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    関連記事

    記事検索

    探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

    (C) ファミリーセキュリティ

    pageTop