オンラインセキュリティ関連記事

On-line Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > オンラインセキュリティ関連記事 > 突然、誹謗中傷されて…オンラインゲームで知り合った相手からのネットストーカー被害
公開日: 2021/05/13 最終更新日: 2021/09/14
セキュリティガイド - オンラインセキュリティ関連記事
 公開日: 2021/05/13 最終更新日: 2021/09/14

突然、誹謗中傷されて…オンラインゲームで知り合った相手からのネットストーカー被害

現在、若者を中心に爆発的に増えているのがネット上での交流トラブルです。例えば人気オンラインゲーム「荒野行動」はダウンロード数3000万を突破し、日本人の約4人に1人がプレイしている計算となり、その人気ぶりが伺えます。

目次│オンライン調査相談

オンラインゲーム上でのストーカー行為

オンライン上でのつきまといから思わぬトラブルも

オンラインゲームの最大の特徴は、ネット上でゲームをしながら、ほかのユーザーと交流できることです。この機能により、出会いの場としても広がっており、予想していなっかったトラブルに繋がっています。

  • オンラインゲーム上でやり取りをしていたユーザーから突然「死ね」など中傷メッセージが届くようになった。
  • オンライン上で、高価なアイテムをもらい交流する、といったのナンパ行為からリアルでの金銭トラブルに発展。
  • ゲーム配信で知り合った人との「オフ会」やメッセージでの「LINEIDの交換」から相手がストーカー化した。

現在、ほとんどの課金があるオンラインゲームでは「未成年の利用禁止」「メッセージでの交流では連絡先の交換を禁止」「ナンパ、迷惑行為の禁止」などがガイドライン化されています。

しかし、ゲームをプレイするだけでなく、ゲーム配信課金サイトも存在し、そちらに誘導してのオフ会や連絡先交換、別の連絡先が交換できるゲームに誘うなど、禁止行為のガイドラインをすり抜けたイタチごっこになっていて、警察沙汰や訴訟問題まで発展するケースも増えています。

「コロナ自粛」の影響でゲームをする人が急増

誰でも気軽に始められることがトラブルの原因に

コロナウィルスの影響で進んだ「在宅化」により、オンラインゲームにハマる小・中学生が増加しました。まだまだ社会的に未熟な若年層の増加により以下のような問題が起きています。

  • ゲーム内のボイスチャット機能で暴言が増える
  • レアアイテムの現金での交換

オンラインゲーム上の小・中学生を狙った金銭目当ての詐欺や、家出のそそのかしなど、子どもを騙し搾取する大人のユーザーもおり、学校や保護者の間でも注意喚起が行われています。

メッセージやチャットのやり取りは、ログインが必要だったり記録が残らないものが多く、ほかのユーザーと連絡先を交換してしまったり、金銭のやり取りをしてしまったことを保護者が把握できなくなっています。

オンラインのトラブルを把握したり、ゲーム内の誹謗中傷を辞めさせるにはどんな手段があるのでしょうか。

悩んでいるあなたが、自力でトラブルを解決するには

トラブルはゲームから実生活に影響することも

例えば学校の友達とオンラインゲームをしていてメッセージのやり取りで誹謗中傷をされたり、ゲーム内での暴言、チーム内での仲間外れが原因となって学校でいじめが始まることもあります。

オンラインゲームのボイスメッセージなどでのやりとりは、すべてネット上のやりとりとなり、すべて画面録画などで記録に残すことができます。お子さんの様子や証言だけでは、被害状況が把握できない場合はすべて記録データを残してください。

ゲーム上でのリアルでは知らない相手からの誹謗中傷や金銭トラブルがあった場合は、相手の要望に応じないでください。証拠画面を相手に提示して、警察への被害届の提出や訴訟を行う「宣言」をするだけで、相手からの攻撃が止まることも多いです。

オンラインゲーム上のトラブルでは、まだ誹謗中傷に関して法整備が追い付いていないため相手の住所を割り出せる開示請求が認められないケースもあります。探偵事務所では、ゲーム内でのメッセージのやり取りなどを基に「ゲーム上でストーカー行為/誹謗中傷を行っている人はだれか」を特定するオンライン調査が可能です。

時代に合わせたトラブルの対応策

ネット上のトラブルは相談して解決できる?

弊社ではSNSコンテンツ「Twitter」が興隆期を迎えた2015年前後から、ネット上でのケンカがリアルでのトラブルに発展した際の解決調査を行っています。

SNS黎明期から、ほとんどのトラブルの発端が以下の場合になります。

  • メッセージのやり取りをして言い争いになり、誹謗中傷に発展した
  • フォロー/グループを外された(仲間外れにされた)
参考サイト:あなたはどう?見過ごせないインターネット上のトラブル ”

時代やサービスが変わっても、トラブルの根源は変わっていません。わたしたちは、そもそもの根本となる「人の心理」(証拠を提示したら相手はあわててアカウントを削除するといった行動のセオリー)に沿った解決調査が可能です。

ネット上でも「ストーカー行為」に該当する行動

ネット上では証拠がしっかり残ります

2021年4月6日、人気番組「テラスハウス」に出演していた女性への、ネット上の誹謗中傷により「侮辱罪」が適応された福井県の30代の男が、4回の書き込みが証拠となり略式起訴されました。


参考:木村花さん中傷の30代男性を略式起訴、ツイッターに4回書き込みし侮辱

これは「ストーカー規制法」の“同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行うことを「ストーカー行為」と規定して”という定義に沿っています。2回以上が「繰り返して行う」ことに該当していますので、例えば100回誹謗中傷をしても2回誹謗中傷をしても証拠が残ってしまえば、罪は同じになります。

「ネット上で少し悪口を書いただけ」という感覚でも、証拠が残りますので「100回誹謗中傷をしたこと」と同じ罪とみなされます。誹謗中傷の言葉についても「死ね」など直接的なもの以外でも“著しく粗野又は乱暴な言動”と広く定義されていますので、被害者の受け取り方や状況解釈次第で罪に問われます。

自分が使い方に気を付けていても事件に巻き込まれる可能性は十分にありますので、おかしいなと思った方は、下記に相談フォームからぜひご相談ください。

まず、相談することから始めましょう。

オンラインサポート相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、状況、依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須)
    お住まい地域 (必須)
    ご連絡先 (固定電話・携帯) (必須)
    メールアドレス (必須)
    要望・質問

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    関連記事

    記事検索

    探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

    (C) ファミリーセキュリティ

    pageTop