ホーム > セキュリティガイド > オンラインセキュリティ関連記事 > オンラインゲームで知り合った相手がネットストーカーに…
公開日: 2023/04/14 最終更新日: 2023/09/25
セキュリティガイド - オンラインセキュリティ関連記事
 公開日: 2023/04/14 最終更新日: 2023/09/25

オンラインゲームで知り合った相手がネットストーカーに…

ストーカーに悩む女性

ネットストーカーとは、インターネットを通じて被害者を付きまとう人のことを指します。

近年では、ネット社会の普及に伴い、ネットストーカーによる被害が増加しています。

ネットストーカーは、被害者のプライバシーを侵害し、ストレスや不安を引き起こすため、被害者にとって大きな問題となります。

本記事では、ネットストーカーについて詳しく解説し、被害を受けた人々がどのように対処すべきかについてお伝えします。

2023年4月14日 / 執筆者 / 藤井 ケイティン

1991年生まれ。オンライン上のトラブルや盗聴盗撮などの機械系調査を専門とする。机の上には常時スナックスティックが置いてある(笑)監修者ページ

目次│

1-「コロナ自粛」の影響でゲームをする人が急増

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの人が自宅待機や外出自粛を余儀なくされました。この状況により、家で過ごす時間が長くなったことで、ゲームをする人が急増したという報道があります。

例えば、Nintendo Switchの売り上げが増加し、一時的に品薄になったことが報じられました。また、スマートフォンアプリでも、コロナ自粛期間中に利用者数が増加したという報告があります。

ゲームは、家で過ごす時間を楽しく過ごすことができる娯楽の一つです。コロナ自粛期間中には、外出が制限されたことで、家で過ごす時間が長くなり、ゲームをする人が増えたのかもしれません。

オンラインゲームでは、他のプレイヤーと交流することができますが、その中にはプレイヤー同士のトラブルが発生することもあり、個人情報の取り扱いに注意することが重要です。

2- オンラインゲームの交流から始まったストーカー行為

オンラインゲームの交流から始まったストーカー行為は、近年増加傾向にある問題の一つです。

オンラインゲームでは、匿名性が高く、コミュニケーションが容易であるため、プレイヤー同士の交流が盛んに行われています。

オンラインに多い執着するストーカー

例えば、オンラインゲームで知り合ったプレイヤーが、プライベートな情報を聞き出そうとしたり、会うことを強く求めたりすることがあります。

また、プレイヤー同士のトラブルが原因でストーカー行為に発展することもあります。

ストーカーは、オンライン上の交流だけでなく、現実の生活にまで踏み込んで被害者を付きまとうことがあります。

オンラインゲームをプレイする際には、自分自身のプライバシーを守るために、個人情報を漏らさないようにすることが重要です。また、知らない人に対しては警戒心を持ち、適切に対応することが必要です。

オンライン上での交流も、プライバシーの侵害やストーカー行為によって、被害者にとって深刻な問題となり得ます。

3- ネット上でも「ストーカー行為」に該当する行動

ストーカーによる誹謗中傷

2021年4月6日、人気番組「テラスハウス」に出演していた女性への、ネット上の誹謗中傷により「侮辱罪」が適応された福井県の30代の男が、4回の書き込みが証拠となり略式起訴されました。

これは「ストーカー規制法」の“同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行なうことを「ストーカー行為」と規定して”という定義に沿っています。

2回以上が「繰り返して行なう」ことに該当していますので、例えば100回誹謗中傷をしても2回誹謗中傷をしても証拠が残れば、罪は同じになります。

誹謗中傷の言葉についても「死ね」など直接的なもの以外でも“著しく粗野又は乱暴な言動”と広く定義されていますので、被害者の受け取り方や状況解釈次第で罪に問われます。


参考:木村花さん中傷の30代男性を略式起訴、ツイッターに4回書き込み侮辱

4- ネットストーカー対策の基本

ネットストーカー対策には、以下のような方法があります。

プライバシー設定の確認

自分のSNSやブログ、メールなどで個人情報を公開していないか、定期的に確認することが必要です。また、設定で公開範囲を限定することで、他人からのアクセスを制限することができます。

パスワードの強化

パスワードは複雑で長いものにすることが大切です。また、同じパスワードを使い回さないようにすることも重要です。

通報

ストーカー行為を受けた場合は、プラットフォーム側に通報することが必要です。SNSやブログ、メールのプロバイダーに通報することで、アカウントを停止させることができます。

警察に相談

ストーカー行為がエスカレートした場合は、警察に相談することが必要です。警察には、ストーカー対策を行う専門の部署があり、相談に乗ってくれます。

セキュリティソフトの導入

マルウェアやフィッシング詐欺などの被害を防ぐために、セキュリティソフトの導入が有効です。また、VPNを使うことで、ネット上のトラフィックを暗号化し、安全性を高めることができます。

ネットストーカーは、被害者にとって深刻な問題となります。適切な対処を行うことで、ストーカー行為を防止し、安全なネットライフを過ごすことができます。

5- 解決できなかった方へ

被害相談窓口

ネットストーカーに関するトラブルで、警察の対応が限定的である場合や、警察では解決できない場合には、探偵に依頼することもできます。

探偵は、ストーカーの特定や、証拠の収集ストーカーからの距離を保つためのアドバイスなどを行うことができます。

ネット上でのストーカー行為は、被害者がストーカーの身元を特定することが難しい場合があるため、探偵の専門知識が必要となります。

ネットストーカーに対する探偵社の対応は、ストーカーの特定や証拠の収集などを行うことで、被害者にとって深刻な問題を解決する手助けを行ないます。

ネットストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、ネットストーカー被害状況、依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須)
    お住まい地域 (必須)
    ご連絡先 (固定電話・携帯) (必須)
    メールアドレス (必須)
    要望・質問
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    関連記事

    記事検索

    探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

    (C) ファミリーセキュリティ

    pageTop