全国マップ - 栃木県

ホーム > 全国マップ > 栃木県 > 電磁波の対策やリフォームをする前に確認すること!栃木県版
公開日: 2023/04/06 最終更新日: 2023/04/11
全国マップ - 栃木県
 公開日: 2023/04/06 最終更新日: 2023/04/11

電磁波の対策やリフォームをする前に確認すること!栃木県版

電磁波情報

栃木にお住いの皆様へ!電磁波の影響を最小限に抑える目的でおこなう電磁波対策や電磁波に関する情報をお伝えします。電磁波対策をお考えの方は下記の解決方法をご参考ください。

国際的な専門家による科学的見解に基づき、WHO(世界保健機関)やICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)などは、現在の電磁波の基準値は健康への影響がないという立場を取っています。

一方で、一部の人々は、電磁波が原因で体調不良を感じたり、過剰に不安を抱くことがあります。

電磁波に対する不安や恐怖を軽減するために、栃木県内の皆様に電磁波の安全基準についてお伝えします。

2023年4月6日更新 / 執筆者・監修者 / 山内 和也

1977年生まれ。趣味は筋トレで現在でも現場に出るほど負けん気が強いタイプ。得意なジャンルは、嫌がらせやストーカーの撃退や対人トラブル。監修者ページ

目次

1- 電磁波過敏症の解明へ

電磁過敏症3~5.7%(早稲田大チーム)

電磁過敏症

集中力低下や皮膚の腫れ…
病態解明へ第一歩

家電製品などの電磁波にさらされることで集中力低下や皮膚過敏などの症状を示す「電磁過敏症」の人は、日本で人口の3.0~5.7%に上るという研究結果を早稲田大応用脳科学研究所「生活環境と健康研究会」のチームがまとめた。

電磁過敏症は家電製品のほか携帯端末、携帯電話基地局、パソコン、高圧送電線などが発する電磁波が原因とされ、世界的に問題になっている。ただ実態はよくわかっておらず、診断基準もない。英国では2万人を対象とした調査で人口の4%という結果が出ている。

研究会の代表、尚絅学院大(宮城県名取市)の北條祥子名誉教授は今回の結界について「病態の解明に向けた第一歩。調査を重ね、診断基準作りや治療法と予防法の開発につなげたい」と語る。

チームは英国で調査に使われた問診票を日本向けに改良。全国の一般人2千人と、電磁過敏症の症状を自助グループなどで自己申告している165人に送り、一般人1306人、自己申告者127人から有効回答を得た。

自己申告者と一般人の回答を統計的に分析し「電磁過敏な人」の基準を設定。日本の人口に占める「電磁過敏な人」の割合を推定した。

電磁過敏症の症状の例
中枢神経 極度の疲労、集中困難、憂鬱(ゆううつ)、注意欠如など
皮膚 皮膚過敏、発赤、腫れ、チクチク感など
その他 頭痛、耳鳴りなど

北條名誉教授は「多くの電磁波発生源に囲まれて生活している現代では誰がいつ発症してもおかしくない。こういう健康障害があるということを認識し、気をつけて生活すれば発症は未然に防ぐことができると思う」と話している。

2- 日本ではあまり知られていない症候群

電磁波の脅威

電磁波の影響を受けて身体症状が出ていると訴える人がいますが、このような症状を電磁波過敏症(EHS:Electromagnetic Hypersensitivity )または一部のサイトで「電磁波過敏症」とも呼んでいます。

しかし「電磁波過敏症」においては、正式な診断名称ではなくあくまで呼称にすぎず、日本ではあまり知られていません。

1980年頃から電磁波が原因と見られる症状が散見され、アメリカの医学者であるウィリアム・レイ博士によって症状が命名されましたが、明確な診断基準がない上に治療法や原因について不明な部分が多い症状として知られています。

電磁波過敏症の主な症状
  • 皮膚症状(発赤、チクチク感、灼熱感)
  • 神経衰弱症状
  • 自律神経系症状(倦怠感、疲労感、集中困難、めまい、吐き気、動機、消化不良)

出典:世界保健機関(WHO)が公表しているファクトシート№296「電磁過敏症」

電磁界のばく露に関連すると訴える方がいるのは事実です。

電磁波とは関係しない環境因子、職場や生活環境でのストレス、電磁波の健康影響を恐れるストレス反応が関連する可能性が示唆されているという現状に、何らかの身体的な影響を受けている人たちは辟易としているのが現実です。

3- 電磁波の安全な基準について

安全の前提は「25V/m以下」

環境先進国スウェーデンでは家電製品から発生するパソコンの電磁波を規制したガイドラインがあり、25V/m 以下(スウェーデンMPR-Ⅱ 1990 年制定)を基に、電磁波対策をおこなっています。

電磁波測定を通じてわかる電磁波の影響

電磁波過敏症の対策として、電磁波測定や電磁波による発生原因の特定を行なっております。

電磁波測定を行なう際には『ご依頼者と一緒に機材の数値を確認しながら室内や体内に起こっている異常な電磁波を計測していく』方法が一般的です。

当事務所では専属の電磁波測定士の有資格者がいて、電磁波における知識はもとより、過去の電磁波の事例も数多知っているので、調査を安心して依頼できる点がご依頼者の安心にもつながります。

ファミリーセキュリティでは、電磁波測定はもちろん電磁波過敏症に必要な軽減対策を行ないます。

アーシングはもちろん、身体電圧測定、帯電防止策などグッズではないサポートを行ないます。

真実を知らなければ何も変わらない

4- 電磁波対策とリフォーム

ウィンドフィルム
電磁シールド

ウインドウフィルムによる電磁シールドの性能は、住環境により大きく変わることがあります。たとえば、フィルム自体の電磁シールド効果は高くても、施工時にフィルムに気泡が入りボコボコと浮いている状況、フィルムとサッシの間にすきまが開いているなど、少しの差で電磁波の遮断効果が大きく変わります。

電磁波による影響を防ぐためには、まず電磁波の放射源を遮蔽し不要電磁波を放射しないようにすることが重要です。

電磁波カット
オールアース

一日のなかでいちばん長い時間を過ごすご自宅の環境はいかがでしょう。

部屋のレイアウトやデザイン性の向上に貢献した二重床システム、ガス代がかからず電気のみを使うオール電化によって、電磁波(電場発生)の影響をうけやすくなっており、この環境が電磁波過敏症など健康被害を引き起こす原因が高いと考えられます。

電磁波ストレスから身体を癒すアーシング

このページを見て頂いているみなさんが1番気になるのは電磁波の防御対策かと思います。電磁波の対策は人それぞれで効果が体質や被害状況によって違いがありますが、これは効果があったというアーシングはありますのでご相談ください。

防御対策では解決には至らないとの意見もありますが、「電磁波と向き合う」ために、まずは「自分を身体を守る」ことで解決に向けた行動がおこせるのです。

5- 電磁波の専門家に相談する

栃木県内の電磁波対策はファミリーセキュリティにお任せください。

探偵調査で得たノウハウと電磁波測定士による正確な測定結果をもとに、正しい電磁波対策や電磁波防御が可能となります。

相談回数は決まっていませんので、ご納得いただけるまで打合せを重ねさせていただきます。

栃木県出張無料相談対応地域(tochigi area) 足利市・市貝町・宇都宮市・大田原市・小山市・鹿沼市・上三川町・さくら市・佐野市・塩谷町・下野市・高根沢町・栃木市・那珂川町・那須烏山市・那須塩原市・那須町・日光市・野木町・芳賀町・益子町・壬生町・真岡市・茂木町・矢板市

バリアフリー改修に伴う助成制度

栃木県では外壁や屋根の塗装工事に特化した補助制度はありません。しかしバリアフリー改修工事などと併せて補助金を受け取れる制度があるので、他のリフォームと同時に検討してみましょう。

これは国で定めた通称「バリアフリー法」に基づく条例で、公共の建物など特定の建築物に適用されます。

栃木県庁 住宅課 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop