洗脳トラブルサポート関連記事

Brainwashing Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 洗脳トラブルサポート関連記事 > 巧妙な洗脳トラブル事情と弊社の調査・対策
公開日: 2020/09/14 最終更新日: 2020/09/11
セキュリティガイド - 洗脳トラブルサポート関連記事
 公開日: 2020/09/14 最終更新日: 2020/09/11

巧妙な洗脳トラブル事情と弊社の調査・対策

今回は『巧妙な洗脳トラブル事情と弊社の調査・対策』というタイトルでお話ししたいと思います。巧妙な洗脳トラブル事情や判例と弊社の調査・対策はどのようなものであるのか、過去の事件を踏まえて詳しく掘り下げてみましょう。

洗脳トラブル相談窓口

洗脳トラブルとは何か?

巧妙な洗脳トラブル事情

そもそも洗脳の定義とは何か?初めて聞いた人も、なんとなく聞いたことのある方も、ここで一緒に振り返ってみましょう。洗脳とは特異的な、あるいは異質な環境下で一貫した教育を実行し、従来の思想や信念などを一新して別の思想や新しい思想、また信念を植えつけることを洗脳と言います。

〈思想改造〉を意味する中国語に由来している、という広義では言われています。程度の差や手法の巧拙はあっても、あらゆる教育が洗脳であるという説もあります。洗脳トラブルはそういった思想や信念の植え付けのコミュニティに自分が知らない間に参加して巻き込まれていて、気が付いたら抜け出せなくなっていたといったトラブルのことを指した前提でお話しします。

具体的な洗脳トラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。下記に詳細を書きましたのでご参考になれば幸いです。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

洗脳トラブルの事例

ネズミ講やマルチ商法での洗脳

必ず儲かるといった甘い謳い文句を使い、『すぐに稼げるコツ』や『楽に稼げるための情報商材』などを販売したり、その販売をする売り子を登録させて、また次の販売者を登録させていく連鎖が延々と繰り返されるビジネスです。このビジネスは別の呼び名として正式名称を「連鎖販売取引」といい、「マルチ・レベル・マーケティング(MLM)」と呼称されます。ネズミ講は法律で明確に禁止されており、必ず儲かるといったマルチ商法は多額の借金を抱えるケースも出てきています。

占術やスピリチュアルセミナーでの洗脳

占術、いわゆる占いやスピリチュアルの勧誘セミナーでの洗脳は特定の人を崇めるような新興宗教ではありませんが、『精神的な』『精神に関するさま。また、霊的な。』といった意味をもっていて、心情の在り方を中心にかたり、マインドコントロールなどをします。占術は文字の通り占いですが、占いにもとても対象者に精神的に影響を与える洗脳的な口ぶりが挙げられます。それほど人の言葉に動かされ、自分自身よりも他人が言ったことを信じすぎてしまう場が、占いやスピリチュアルでも起こります。

カルト宗教団体での洗脳

カルトとは、祭儀、儀式、崇拝を意味することばが転じ、特定の人物・事物を熱狂的に崇拝や礼賛をすること。他にはそうした行動をとる集団や教団そのものを指しています。アメリカでもカルト宗教団体が絡んだ悲惨な殺人事件が起こっている他、日本でもオウム真理教による 1994年の松本サリン事件、1995年の地下鉄サリン事件などカルトが否定的に認識される事件が発生したのは記憶に新しいです。

集団による詐欺での洗脳

集団による詐欺での洗脳は、主にオレオレ詐欺によるものや、国際ロマンス詐欺などがそれにあたります。ロマンス詐欺(ロマンスさぎ)は、インターネット上のコミュニティで知り合った海外の相手を言葉巧みに騙し、恋人や結婚相手になったかのように振る舞い、金銭を送金させる振り込め詐欺の一種とされています。国際ロマンス詐欺、国際恋愛詐欺、ナイジェリア詐欺などとも呼ばれています。送金した場合、現状では事後に金銭を取り戻せる対策はほとんどないと言われているほど巧妙です。 単独犯に限らず、詐欺団を結成している場合も多いです。他にも脅迫や恐喝による洗脳や近隣トラブルによる洗脳なども挙げられます。

洗脳トラブルの事件性

洗脳トラブルが刑事事件に発展するケースはここ数年に始まったことではありません。つまり洗脳トラブルといわれる小さなものが、事件性のある大きなものに変わる可能性があります。日本で一番といってもいいほど当時問題になったのはオウム真理教の地下鉄サリン事件でしたが、オウム真理教の洗脳の事例のほかにも、もっと私たちの身近でも洗脳のトラブルや事件が起こっていることに気づかされます。前記では洗脳トラブルをタイプ分けしてお伝えしましたが、次項では洗脳トラブルの判例で具体的にどういった事例が過去にあったのかをお伝えします。

洗脳トラブルの判例

具体的にどのような事例があるのか?

国内では具体的にどのような洗脳の事例や判例があるのか、過去に起こった洗脳トラブルを見ていきましょう。

北九州監禁殺人事件

親族7人をマインドコントロールで監禁殺人した事件です。監禁されていた当時17歳の少女が脱走し事件が顕在化されるようになりましたが、この洗脳事件の犯人だった当時の主犯格の松永容疑者は、内縁の妻・緒方を暴力で服従させ、自らの手を汚すことなく、緒方をマインドコントロールして緒方の親族を殺害させたという残虐な事件でした。

殺人事件の犯人でもあり洗脳の被害者でもある緒方は、とても従順でおとなしい性格であったと言われています。主犯格の松永容疑者は人当たりが良く饒舌で、端正な顔立ちから女性に人気だったそうですが、虚言癖がひどかったことと執拗な嗜虐的な性格を持ち合わせていました。

尼崎連続変死・行方不明事件

2012年に兵庫県尼崎市で発覚したマインドコントロール事件で、尼崎市の倉庫で女性の遺体が発見されたことで事件が知れていきました。当時主犯格だった角田容疑者は、血縁関係ではない人とその家族を集め疑似家族を作り、奇妙な共同生活をしていました。角田容疑者はその共同生活をする疑似家族のなかで監禁と暴力で住人を支配をし、女性の支配者となり住人をマインドコントロールしていきました。

時に暴力をふるわせ、睡眠食事の自由を与えず、財産もすべて奪った、とされています。洗脳された男女5名が殺害され被害者となりましたが、今も被害者で行方が分からない人達がいるため、具体的な被害者の数は分かっていません。このマインドコントロール事件が謎の中に葬られているのは、主犯格の角田が留置所で自殺したことが大きいとされています。

オウム真理事件

オウム真理教事件(オウムしんりきょうじけん)とは、1980年代末期から1990年代中期にかけてオウム真理教が起こした一連の事件の総称です。オウム真理教の教祖である麻原彰晃(本名・松本智津夫)が、宗教を隠れ蓑に日本を乗っ取り、自らその王として君臨するという野望を抱き、それを現実化せんとする過程で、世界各国での軍事訓練や軍事ヘリの調達、自動小銃の密造や化学兵器の生産を行い武装化し、教団と敵対する人物の殺害や無差別テロを実行したことで知られています。

世界史的に見てもアルカイダやISILによるテロを先取りした事件といえ、その中で一番記憶に鮮明な残虐な事件が、松本サリン事件と地下鉄サリン事件でした。

地下鉄サリン事件は、1995年(平成7年)3月20日に東京都の現:東京メトロの丸の内線や日比谷線が乗り入れる霞ヶ関駅で発生した同時多発テロ事件で、警察庁による正式名称は、地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件(ちかてつえきこうないどくぶつしようたすうさつじんじけん)と呼ばれています。日本国外では「英:Tokyo Attack」と呼ばれることがあります。

松本サリン事件は東京の地下鉄サリン事件の1年前に1994年(平成6年)6月27日に長野県松本市で発生したテロ事件で、神経ガスのサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及びました。

オウム真理事件の一連の事件では29人が死亡し(殺人26名、逮捕監禁致死1名、殺人未遂2名)負傷者は6000人を超えたとされています。教団内でも判明しているだけでも5名が殺害され、死者・行方不明者は30名を超えています。被害者の数や社会に与えた影響や裁判での複数の教団幹部への厳罰判決などから、「日本犯罪史において最悪の凶悪事件」とされています。

洗脳トラブルの解決方法

信じている人の本当の姿を伝える

洗脳から逃れるということは、洗脳者自体を遠ざけるということでもあります。しかし、それはかなり大変な作業となり、洗脳のほとんどは家族や友人から引き離し、孤立させることを目的にしていることから、言葉だけでいくら説明しても信用してくれません。

洗脳から目を覚ます効果的な方法は、答えを押しつけるのではなく、本人の心に、信じている人への疑問が生まれるようにすることです。言われるがまま信じていることに対して、自分の頭で考えるようにしむけるのです。そのためには言葉だけではなく、疑いを持つような証拠を見せ、真実を伝える努力が必要です。

正しい情報を伝える

インターネットには必ずしも正しい情報だけでなく、まちがった情報やウソ、うわさもたくさんあります。思いこみで書かれていることもあれば、情報操作を目的としたブログ、発信した人の都合のいいように書かれていることもあります。

インターネットで洗脳を行う人間は、最初はとても優しく接したり、無料でカウンセリングをすることで、言葉巧みに信頼を得ようとします。自分でインターネットの情報にまどわされずに見ぬく力があれば問題ないのですが、洗脳に関しては心が弱っているときに起こりやすく、正しい情報を伝える家族や友人のサポートが必要とされます。

証拠となる記録を残す

どうすれば身を守れるのか。まず、洗脳トラブルに巻き込まれる前であれば、洗脳者や影響をうけている情報を調べることで未然に防げることが多くあります。接触している人物やセミナーなど、実態がわかれば洗脳される前に引き離すことができます。

洗脳トラブルに巻き込まれてしまったら、証拠は確実に必要となるため、少しでも危険性を感じたら必ず記録を取るようにしましょう。とにかく、まず相談です。『おかしい』と思う心が生まれれば、その状況から抜けるチャンスは十分あります。

真実を知らなければ何も変わらない

洗脳トラブルサポート費用と注意点

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当社窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

洗脳トラブルサポート 潜入期間:1カ月サポート ¥300,000円~
洗脳トラブル立ち合いサポート 実態説明や説得サポート ¥120,000円~
洗脳トラブル実態調査 特定の人物の対して行う調査 ¥80,000円~

ご契約以外の調査を事前説明なしに行い、請求することはありません!

近年、探偵事務所等で不正な料金を請求されるなどのトラブルが多発しております。当事務所では、ご契約された内容以外の調査をご依頼者様の了解なしに行うような事は一切ございません。もし調査の上で必要な場合であっても、必ず事前にご依頼者様に調査の必要性、内容をご説明の上、ご了解をいただいてから調査いたします。

洗脳トラブル対策で失敗しない5つのポイント

まずは相談してみましょう!

洗脳トラブル対策を依頼する場合、どんな探偵事務所を選んでも良いわけではありません!必ず「洗脳トラブルに強い探偵事務所」を探して、依頼する必要があります。まず初めにインターネットで検索してみましょう。インターネットなどで検索した際や、お電話で問い合わせる際に「これをクリアしておけばOK」と判断できるポイントを5つご紹介します。

問題に対しての経験は豊富か

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、洗脳トラブル調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に洗脳トラブルのことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、いじめ調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「洗脳トラブル相談実績年間1,000件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「年間1,000件も洗脳トラブル相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

洗脳トラブル対策依頼方法

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop