セキュリティガイド - 洗脳トラブルサポート関連記事

Brainwashing Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 洗脳トラブルサポート関連記事 > フィルターバブルの落とし穴!?ネットに洗脳された妻を救いたい!
公開日: 2022/06/12 最終更新日: 2022/07/04
セキュリティガイド - 洗脳トラブルサポート関連記事
 公開日: 2022/06/12 最終更新日: 2022/07/04

フィルターバブルの落とし穴!?ネットに洗脳された妻を救いたい!

パソコン上の手錠

疑問に感じたこと、解決したい問題などに対して、いつでも答えやヒントを示してくれるインターネット。 しかし検索を重ねるうち、 知らず知らずコンピューターがあなたの趣味趣向を判別し、選別された情報が優先的に表示されていることをご存知ですか?

それは一見すると、とても便利な機能ですが、場合によってはフィルターバブルを引き起こすことがあります。

目次│フィルターバブルによるトラブル相談窓口

相談者
ネットトラブルサポート
2022年6月11日
トラブル問題解決の担当者が書いたフィルターバブルに関する情報を公開しております。生活トラブル以外にも、対人トラブル・男女間トラブル・洗脳トラブル・引っ越しトラブル・ナイトワークトラブルなどさまざまなトラブルに対応しております。

フィルタ―バブルとは?

スマホを操作する手

実は今あなたが見ている画面は、膨大なデータから個人の検索履歴などから趣味嗜好を判別し、表示されたように自動処理されたものです。
ネットユーザーに対して、さまざまな意見や情報が飛び交うなか、偏った情報のみ発信され続けることで個人の思想や思考に偏りが出てしまう危険性のことをフィルタ―バブルと呼ばれています。

フィルタ―バブルの利便性

フィルターバブルという呼び名は、ネット上で泡(バブル)のなかに包まれたように、自分の見たい情報しか見えなくなることから由来していると考えられています。

従来では興味を引く情報が優先的に表示される、この仕組みはパーソナライズと呼ばれ、本来はユーザーの利便性を高めるために行われています。

フィルタ―バブルの危険性

きつねの顔にスポットを当てる

フィルターバブルは便利な反面、その機能や仕組みに起因して価値観や思考が狭まったり偏ったりすることが危惧されています。

フィルターバブルの落とし穴

見たい情報のみが表示されることは別の言い方をすれば、「見たくない情報が遮断される」ことを意味します。このようなネット環境の中で。ユーザーの視野が狭くなっていく危険性があります。

例えばSNSの運営側もユーザーのフォロー傾向などからアルゴリズムで分析を行い、そのユーザーに合った情報を自動でフィードに表示をしてくれます。
これは悪意のある意図的な捜査ではありませんが、時として

フィルターバブル現象が偏見を持った視野の狭い人間を作り出してしまう可能性があるのです。

フィルタ―バブルからの洗脳とは

頭に鍵をかけられる

長期間フィルターバブルにさらされ続けることは人にどんな影響を与えるのでしょうか。
常に自分が求めている心地よい情報の中にいると、それ以外の考え方、特に考えとは逆の意見や視点に触れることを極端に嫌うようになり、自分の都合の良い、狭い範囲の情報しか受け入れられなくなります。

フィルターバブルの悪影響

人間は、さまざまな価値観を持った人々の中で、時には対立しながら自分の考え方を構築していくことで成長していきます。その過程で逆境に立ち向かえる社会性を身に着けていくものです。


  • 違う価値観を持った他者との関係を構築しづらくなる
  • 反対されたり、却下されたり逆境に立ち向かえなくなる
  • 増々自分の価値観が狭まり他者の考えがシャットアウトされていく

フィルターバブルの最悪のシナリオは?

フィルターバブル現象について最も危惧されることは、無意識のうちに物事を他者と共感する共有することが一切できなくなり、結果的に社会から隔離されてしまうことと言われています。

更に最悪の末路として挙げられているのが以下のようなことです。


・精神が不安定になり自殺者が増える
・社会から完全に遮断される
・偏見や差別が溢れた世界になる

フィルターバブルトラブル事例

ワクチン打ったら「離婚」

被害事例
泣いている女性

コロナワクチンの接種券が我が家に届いたある日、何の気なしに妻に相談したところ、妻から「ワクチンは危険だから打たない。」と返事が返ってきました。 最初のうちは「家族のためにいろいろと調べてくれてるんだな」程度に思っていたのですが、徐々に妻の言っていることが過激になっているように感じ、心配になってきました。 温厚な性格だった妻ですが、今ではかなり攻撃的な性格になってしまったように感じます。

先日、「ワクチンを打ったら離婚する」とまで言われてしまいました。

ワクチンを打つ打たないというよりも妻の口から「離婚」という言葉が出たことがショックでなりません。 妻の考えや意見を否定するつもりはありません。ただ以前の温厚で優しい性格の妻に戻って欲しいです。

フィルターバブル被害を受けやすい背景

都合の悪い情報は不要

最悪の場合「家庭崩壊」

昨今、特に多くご相談いただくのが、上記のような新型コロナウイルスに関連する事例です。

コロナやワクチン、マスクに関する考え方は人それぞれだと思います。その分ネットやSNSではさまざまな情報が飛び交っていますが、フィルターバブルによって偏った情報を取り入れすぎることで、多様性に触れることができず、思想に偏りが生じてしまいます。

やがてその思想は過激になり、意見の食い違う人、時には家族に対しても攻撃的な言動や行動に出てしまう<ことがあります。


  • SNSばかり閲覧して、TVのニュースを見なくなった。
  • 陰謀めいたことを発信している人ばかりをフォローしている。
  • 都合の悪い情報を遮断している。

フィルターバブルの対策・回避方法

侍が悪を斬る!

大切な人を失う前に

フィルターバブルを回避するための対策として、

  • 過去の検索履歴やログイン情報が継続されない設定にする。
  • SNSやインターネット以外からも情報を収集する。

などがあります。

しかし、一度凝り固まってしまった人の思想を変えるのは簡単ではありません。大切なことは決して否定はせずしっかりと話を聞いてあげることです。

その中で本人の心に疑問が芽生えるような真実の情報をひとつずつ提示してあげることが大切です。

そのための情報収集や実態調査、メンタルサポートの手助けが必要であればファミリーセキュリティへご相談ください。

フィルターバブル現象の相談窓口

希望溢れる未来を取り戻して下さい

ファミリーセキュリティでは、多様なトラブルに対応し、心身を脅かされるトラブルに対して、迅速かつ徹底的に調査を行ない、解決に向けて最適な対策を取ることができます。

あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

  • お問合せご相談

    1お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop