セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事

Interpersonal Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 対人トラブルサポート関連記事 > 弱みに付け込む脅迫まがいの発言│何もかも搾取される前に取るべき対処法
公開日: 2022/07/02 最終更新日: 2022/08/15
セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事
 公開日: 2022/07/02 最終更新日: 2022/08/15

弱みに付け込む脅迫まがいの発言│何もかも搾取される前に取るべき対処法

世の中には人の弱みに付け込んで脅迫したり騙し取ったりする悪者が存在します。ほとんどの悪行は大ぴらではなく水面下で行われるといいます。

もし家族が何らかの事情で脅迫されていることを隠している場合、脅迫被害の実態を確認することはできるのでしょうか。

被害当事者が自分であるとき、または大切な人であるときの効果的な対処法をご紹介します。

脅迫被害の相談窓口

相談者
脅迫被害トラブルサポート
2022年7月2日 
トラブル問題解決の担当者が書いた脅迫被害に関する情報を公開しております。真実を知ることが人生を取り戻す第一歩になるはずですあなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。是非お役立てください。

脅迫と脅迫罪

脅迫の対処法

脅迫とは、相手に何か行動を起こさせる目的で脅すことを指します。それは明らかに相手の心理状態を脅かす悪意のある行為です。

相手に恐怖を与えるかどうか

脅迫の手段は直接だけでなく、手紙やメールであったり、匿名のSNSや掲示板ということもあります。 脅迫が刑事上の罪に問われてしまうと脅迫罪となります。

これは相手にアクションさせる目的だけでなく、相手に危害を加えるなど告知することで恐怖を与えると脅迫罪が成立することになります。

脅迫罪の成立要件「本人や親族の生命、身体、自由、名誉または財産への害を与えることを告げて脅迫(刑法222条)」
脅迫罪の法定刑「2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」

脅迫する背景にあるもの

脅迫する側である加害者の心理や実行するに至る背景とは何でしょうか。 脅迫する目的はの多くは自分の要求を通すことです。その要求を押し通そうと恐怖を与える相手の自由意思を奪う行為です。

嫉妬心、怨恨、歪んだ欲望まで

SNSを利用して匿名で名誉を傷つけるような言葉を発信するうち、エスカレートして最終的に脅迫まがいの言葉で恐怖を与えているケースが増えています。この背景にあるのは、個人的な嫉妬心や逆恨みが原因だと考えられます。

悪質なのは金銭目当てであったり性的要求のために相手を脅すことです。ただ単に自分の欲求を満たしたいがために、相手に強い恐怖感と大きな損失と打撃を加えるのです。

  • 嫉妬や憧れからくる逆恨み
  • 過去の復讐心や怨恨
  • 弱みを握り金銭を搾取する
  • リベンジポルノや性的暴行によるもの

脅迫罪になる言葉とは?

脅迫の対処法

脅迫罪に問われるくらい罪深い言葉だからと言って、自分が絶対に口にする可能性がないとは言い切れません。自覚がないまま使っていることもあるので気を付けましょう。

カッとしていってしまった言葉が脅迫になることも

ついカッとなって相手を脅すような言葉を口にしてしまうということは誰にでも起きる可能性があります。
例えば相手が友達や仲間なら、酔っていたり笑いながら「訴えるぞ」とか「殺すぞ」と言っても許される範囲になるでしょう。

反対に、あまり親しくない相手や険悪な関係性である相手に対して同じ台詞を口にしたら、それが脅迫とみなされる可能性があることを忘れないでいましょう。

脅迫罪に該当する可能性のある言葉

場面やシチュエーション、相手との関係性によっては、いくら カッとなってつい出た言葉だとしても相手に恐怖を与えれば、脅迫罪が成立してしまう可能性があるということになります。

  • 「殺す」「消えろ」本人または親や子供を対象に生命への害悪の告知
  • 「財産を奪う」などの財産への害悪の告知
  • 「ネットで公表するぞ、拡散するぞ」」「近所や職場に言いふらす」などの名誉への害悪の告知
  • 「このまま去るなら子供や家族を誘拐する、監禁する」などの自由への害悪の告知
  • 「痛い目見せる」「いうこと聞かなければ殴るぞ、蹴るぞ」などの身体への害悪の告知

脅迫する人に関わらない方法

脅迫の対処法

脅迫をするような人とは普段どんな人なのでしょうか。また、される側にも何かしら問題があるのでしょうか。
触らぬ神は祟りなしと言いますが、最初から関わらないようにするには双方の特徴を知っておく必要があります。

脅迫する人の特徴

脅迫する側も突発的にしたのか、計画的に行なったのかによってタイプが分かれますが、よくある特徴を挙げてみました。
ただし、普段はその片鱗を全く他人には見せないタイプも存在するため、見抜くことは難しいケースもあります。

  • 自己中心的で自分本位
  • 内面に秘める自己主張が激しい
  • 要求や欲求を満たすためなら後先考えないで行動する
  • 他人を思いやる心がない
  • プライドや自己顕示欲が異様に高い

なるべくなら接点を持たないのがベスト

例えば、初対面で話した相手に、何か違和感を感じるとかクセが強そうな人だなと感じる場合、後々のトラブルの予感を自分のセンサーが察知しているということもあります。

また、よくない噂に惑わされるのもよくありませんが、火のないところに煙は立たないともいうので、あまり深く関わりすぎないことをお勧めします。

温厚そうな人が突然、人が変わったかのように恐ろしい態度を取ることも実際にあり得るのです。

脅迫されていることを見抜くことは可能?

複数の怪しい写真

脅迫行為はする側も悪いことだと分かってやってくるので、おおっぴらに行なうことはしません。そのほとんどが電話やメール、SNSなど利用して当事者間で行なわれています。

配偶者や子どもが知らないところで脅迫の被害に遭っているとき、それを見抜くことは可能でしょうか。

家族の異変に気が付くこともある

脅迫の被害者は当然、相手に怯えています。加害者が「誰かに言ったら殺すぞ」とか「家族をひどい目に遭わす」など口止めしている場合、被害者は必死で脅迫の事実を隠すものです。

その状況で脅迫の相手を特定したり脅迫の実態まで知ることは困難ですが、被害を受けている人の様子が明らかにおかしいということは家族なら直感的に分かるのではないでしょうか。
本人を落ち着かせ、自分にだけは真実を教えてほしいと話すことが重要です。

脅迫の被害の対処法

脅迫の対処法

相手に脅されて逃げ場がなく従うしかない場合や、家族が被害者であるとき、その被害実態や事実確認をすることが難しいとき、どのように対処すればいいのでしょうか。

実態調査が必要な理由

恐喝や脅迫行為は加害者側が巧妙に計画的に行なってくるので、被害の実態や悪質性を証明するのは容易なことではありません。

証明する情報材料が乏しいとき、警察は証拠不十分、として脅迫罪の捜査が開始するどころか、被害届や告訴状の受理まで渋ることもあるそうです。

被害者が被害実態を証明しなければ、脅迫の事実は発覚しません。確実に証明し罪を償わせるには脅迫の実態調査が欠かせません。

脅迫の被害で相談できること

当事務所は探偵として調査を専門にしております。張り込み・尾行・情報収集などの実態調査を実行し被害の実態や加害者を特定し、脅迫の事実を速やかに確実に証明することができます。
以下の相談は脅迫被害の相談事例の一部です。

  • 訴えると脅されている
  • 弱みを握られ言いなりになっている
  • 関係をばらすと脅されている
  • リベンジポルノされている
  • 理由はわからないが逆恨みされている
  • 元恋人からの脅迫を受けている
  • 肉体関係を強要されている
  • 職場や家族にばらすと脅されている
  • 罠にはまり金を脅し取られている
  • 美人局被害で脅迫されている
  • 過去をばらすと脅されている
  • 妊娠したと脅されている

脅迫被害の相談窓口

行き過ぎた脅迫は犯罪です

脅迫に悩んでいる方は、その実態を調べ犯罪性が認められたら法的な手段を取ることも可能です。

ファミリーセキュリティでは、多様なトラブルに対応し、心身を脅かされるトラブルに対して、迅速かつ徹底的に調査を行ない、解決に向けて最適な対策を取ることができます。

あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop