対人トラブルサポート関連記事

Interpersonal Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 対人トラブルサポート関連記事 > これで万全!対人トラブルが多い人の特徴と対策
公開日: 2021/09/30 最終更新日: 2021/10/14
セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事
 公開日: 2021/09/30 最終更新日: 2021/10/14

これで万全!対人トラブルが多い人の特徴と対策

対人関係でつまずいて、毎日が辛くなることってよくありますよね。
対人トラブルに巻き込まれないようにするには、トラブルを起こしやすい相手と接触しないことですが、見た目では本質までは判断しにくいものです。今回はトラブルが多い人の特徴や対策を解説します。

目次│対人トラブル相談窓口

対人トラブルはなぜ起きるのか

期待通りの反応が得られないせい?

仕事でもプライベートでも、心身ともに健康的な生活を送るためには、対人関係が良好であることに越したことはありません。

対人関係はお互いに対して、何かを考え、何らかの言動を起こすことで成り立っています。ただし、相手の心を読み取ることはできないので、双方が期待通りの反応を示し合えるわけではありません。

無意識のうちにトラブルの種をまいているかも

気持ちの表し方によっても、対人トラブルを呼び起こしてしまう可能性もあります。ほとんどは無意識のうちにしてしまっているものです。

その対応や態度が相手を不快にさせて、トラブルへと発展させてしまうのです。例えば下記のような心理を、意識的ではなく無意識に周りに向けていること はないでしょうか。

  • 些細な局面でも他力本願になる
  • 常に承認欲求がある
  • 周りの目を意識してしまう
  • 婉曲的な伝え方がかえって誤解されやすい
  • 何も言わなくても察してほしいと思ってしまう

対人トラブルの多い人の特徴

トラブルメーカーの7つの特徴

トラブルを起こしやすい人をトラブルメーカーと呼ぶことがあります。自己中心的な面があったり、場の空気を乱したりして、周囲の人をトラブルに巻き込むような人です。

相手の些細な行動や発言に神経質になったり、鋭い指摘や難癖をつけたりしてトラブルを招くのです。

トラブルを起こす人は、どこへ行っても周囲への迷惑を考えず行動するため、何をするか分からない人として警戒されやすい面を持っています。
そのような人を見分けるには、下記のような特徴を知っておくとよいかもしれません。

  • すぐ誤魔化したり嘘をつく
  • やたら虚栄心が強い
  • 常に自分中心じゃないと満足しない
  • 人との距離感が分かっていない
  • 人を肯定せず否定ばかりしたがる
  • 相手に話す間を与えない
  • クッション言葉を使わずズケズケものを言う

対人トラブル相談事例

対人トラブルとは具体的にどんなことが起きているのでしょう。当事務所が相談を受けた対人トラブルの事例をご紹介します。

事例①

自己中で意地悪な同僚に目をつけられた!!
女性
ご依頼者様: 27才/女性 会社員
ご依頼内容: 同じ職場のR子という女子社員がいます。自信過剰でプライドも高い子なのですが、よく私たち仲良しグループが休憩していると、輪の中に入ってきます。そして自慢話や誰かの悪口ばかり話します。
その人を侮辱したり聞く側に同調を求めてくるので、不快でたまらなくなり、私は仕事以外は必要以上は関わらないように距離を置くことにしたのです。

すると、R子はそれが気に障ったのか、今度は私の悪口を言いふらしたり、上司に私がいじめをしているなどと訴えたりするようになったのです。
さらにSNSに、私や家族を中傷したり侮辱する内容を書き込まれました。精神的にショックで、仕事にも行きづらくなりました。

事例②

子ども同士の些細な喧嘩に激高!脅迫する父親
男性
ご相談者様: 40才/男性 会社員
ご相談内容: 小学一年生の息子が仲良しの友達と些細なことで喧嘩してしまいました。その晩、相手の男の子の父親が電話で怒鳴りつけてきました。
「お前の息子に横断歩道で蹴られて転ばされた、殺されるとこだったんだぞ!」と、すごい剣幕でした。私は、その言い分を真に受けて即座に謝罪しましたが、相手の怒りは収まらず「今度やったら出るとこに出るぞ!」と脅迫じみた言葉まで浴びせられました。

翌日起きてきた息子に確認すると、馬鹿にされたので思わず、相手のことを軽く蹴ったけど横断歩道の側だった、相手の子は転んでないとの答えでした。確かに蹴ったのはよくないことです。しかし相手の子の主張がすべて事実とは限りません、本来双方の子どもの言葉を確認してから話し合べきではないですか?とメールすると、相手は話し合うことはない!うちの子が正しい!の一点張りで、息子や私たちの悪口を書き連ねてきました。偏見と中傷だらけのメールの内容は、6歳の子に対する配慮など、欠片もなく同じ歳の子を持つ親としてショックでした。今度、うちの子に偉そうな発言をしたら法的処置も辞さないなどのメールも送られてきて、私たちは精神的に疲労困憊で息子の無邪気な明るい笑顔も奪われてしまいました。

事例③

押し売りを断ったら逆ギレされた!
女性
ご依頼者様: 33才/女性 専業主婦
ご依頼内容: 引っ越し先の婦人会のような集まりに、参加するようになって対人関係に悩まされています。
リーダー格のUさんはPTAの会長で土地の権力者の家柄ともあって人脈があり、顔がきく人でした。彼女の主催のお茶会に呼ばれたとき、新参者の私はいつも準備や後片づけを担当していました。

皆に溶け込むためと我慢していましたが、ある日U子さんの勧める高級コスメの定期購買を断ったことがきっかけで、私に冷たく当たるようになりました。
露骨に無視されることは我慢できるのですが、私に断りもなく婦人会の清掃係の代表にされたことは我慢できません。

ほぼ毎日のように、皆が嫌がる草むしりや水路のゴミ拾いなど、係の責任だと私だけに押し付けてきます。パートや子供の習い事の送迎などにも支障をきたしています。本当に毎日が辛いです。

対人トラブルを避けるためには

対人関係に必要な対策

対人トラブルは予期して起きるものではありません。自分なら絶対に安全とも言い切れません。だからこそ日頃から回避するための対策法を心得ておくことは大切です。

対人トラブルとは読んで字のごとく、自分1人で作られるものではなく、必ず相手の存在があることで作られます。

対人トラブルの3つの対策

トラブルを回避したり、解決するためには、トラブルが起きる原因やトラブルの多い人の特徴をしっかりと理解したうえで、自分の行動や振舞について、次の3つ点を気を付けることが重要と言えます。

これを意識して行動するだけで対人トラブルは最小限に抑えられます。

  • 相手の特徴を知ったうえでの適切な配慮をすること
  • 相手の許容範囲を知り、それを超えるような対応や要求をしないようにする
  • 自分本位な振る舞いをしないよう、客観的視点を意識する

まとめ

問題解決が難しいときの相談窓口

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。

どうしても問題が解決しない、一人で悩み続けている方、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

専門家の対策で1日も早い問題解決へ

対人トラブルは、相手が原因で起こるだけではありません。トラブルを回避するためには、まず自らの振る舞いを見直すことも大切です。

さまざまな対処法を試したけれど、やっぱり駄目だったという方はファミリーセキュリティにご相談ください。一刻も早くとトラブルを解決して、快適な毎日を取り戻しましょう。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop