セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事

Interpersonal Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 対人トラブルサポート関連記事 > 引き抜き(ヘッドハンティング)は違法か合法か?被害実態と損害賠償について
公開日: 2022/06/25 最終更新日: 2022/09/13
セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事
 公開日: 2022/06/25 最終更新日: 2022/09/13

引き抜き(ヘッドハンティング)は違法か合法か?被害実態と損害賠償について

脚光を浴びる三人のビジネスマン

職業選択の自由が常識である、この社会で従業員の引き抜き(ヘッドハンティング)はどこまで通用するのでしょうか。

生き残りをかけた企業合戦の最中、競合他社からのヘッドハンティングは企業にとって命取りとなる大きな損害です。

引き抜き被害への対抗秘策や損害賠償できる可能性についても解説しています。

目次│ヘッドハンティング被害の相談窓口

相談者
引き抜き・ヘッドハンティング被害相談サポート
2022年6月25日 
トラブル問題解決の担当者が書いた引き抜き・ヘッドハンティングに関する情報を公開しております。真実を知ることが人生を取り戻す第一歩になるはずですあなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。是非お役立てください。

引き抜きの特徴と実態

人から円マークに移行する

就業形態の多様化も進み、社会人となってから2度3度と転職する人も珍しくなくなりました。 並行して企業間の引き抜きやヘッドハンティングも、転職のきっかけとしてよく耳にするようになりました。

最近のヘッドハンティングの傾向

企業にとって優秀な従業員を同業他社からの引き抜かれるリスクは大変大きな損害です。昨今の引き抜きの特徴や傾向は以下のようになります

  • ヘッドハンティング専門業者が転職市場に出回っていない優秀な人材を探す
  • 個々の人材の重要性の高いIT業界で近年多く見られている
  • 一昔前はエグゼクティブ層対象だったが、最近は幹部候補や中堅社員などにまで対象者が広がっている

引き抜きやヘッドハンティングによる損害

リクルートの文字

ヘッドハンティングによる5大被害

引き抜きやヘッドハンティングにより、企業はどんな重大なリスクを負うことになるのでしょうか。 それは引き抜きされた人や人数などにもよりますが、被害が深刻な場合は企業活動に重大な支障が生じるおそれがあると言われています。

  • 優秀な人材が会社からいなくなる
  • 人材不足で会社の業務が回らなくなってしまう
  • 自社の技術を競合他社での業務で使われてしまう危険性
  • 企業の機密情報の流出
  • 大切な顧客を奪われる

引き抜きが起きてしまう原因

円マークを示すスーツの男性

なぜ引き抜きやヘッドハンティングが行なわれるのか、その背景として、2つのことが考えられています。

確かに優れた人材を確保できるから

確かなスキルや経験によって業績が左右される業種の場合、事業の存続と繁栄に優良な人材確保は欠かせません。引き抜きによって効率よく優秀な人材を獲得すれば、社員育成の時間やコストを抑えて、即戦力が活かせます。

ノウハウやスキルの不足を効率よく補える

独立・起業した場合、自分自身にも十分な経験やノウハウが十分に備わっていないことがあります。あらかじめ特定の業界や職種において実績ある人物に声を掛け、引き抜くことにより不足を補いスムーズな運営が可能になります。

引き抜きやヘッドハンティングは違法か合法か?

履歴書と印鑑

引き抜きやヘッドハンティングが転職のきっかけの一つとして数えられる現在ですが、引き抜きやヘッドハンティングには違法性はないのでしょうか。

基本的には違法性はない

もし、懸命に人材育成した結果、競合他社に大切な従業員を引き抜かれてしまったら法的に被害を訴えることはできるのでしょうか。

結論から言えば引き抜きやヘッドハンティングは違法ではないため、損害賠償請求は難しいでしょう。その具体的な根拠は以下です

・社会的に優秀な人材を求めて積極的に働きかけをすることは認められている
・引き抜きによる会社の損失を明確に示すことが難しい
・引き抜きに応じるか否かを選択の自由は本人の意思が尊重されるため

引き抜きによる責任は誰が取る?

憲法によって国民には職業選択の自由が認められているため辞めて行った従業員本人に対しては、会社は原則として損害賠償請求はできません。

また、引き抜いた会社に対しても自由競争を前提とする以上、損害賠償責任を追及することは難しいとされています。

損害賠償の対象になる違法な引き抜きとは

人の指に摘み取られる人

引き抜き行為が悪質な場合や、きわめて背信的な共同不法行為の場合、違法と判断されるケースもあります。

自由競争の範囲を超えた不当な引き抜きとして認定されたら、損害賠償できる可能性もあります。具体的にどのような場合に引き抜きが違法と認定されるのでしょうか。

違法な引き抜きと認定されるポイント

引き抜きによって会社に多大な損失が出ると分かったうえで、悪質なやり方で引き抜き行為を行なった場合損害賠償の対象になる可能性が高くなります。以下は違法性のあるケースの事例に含まれます。

会社との間で引き抜き禁止の契約に合意していた場合
一度に大勢の社員や従業員を引き抜いた場合
会社の重要な機密情報を転職先に流出した場合

ヘッドハンディング調査を探偵に任せるメリット

虫眼鏡で検索する

ヘッドハンティングや元社員による引き抜き行為は水面下で行われます。そのため、事前に証拠や証言集めをすることは難しく、自力での証言や証拠集めは難しいのが現状です。

悪質な引き抜き被害を証明するための証拠

引き抜きやヘッドハンティング被害を立証するには以下のことを証明する必要があります。

明確に被害証拠を示さなければ、違法性を追求することも損害賠償請求することも不可能です。証明する事項としては主に以下のような点になります。

  • 背信的で悪質性のある計画による引き抜き
  • 会社の事業を妨害する行為であったか
  • 会社の機密情報や顧客情報を持ち出した

探偵の調査で証拠を揃える

計画的な引き抜き行為の場合、後々のリスクもある程度予測したうえで用意周到に動いていますので、口止め行為証拠隠滅など既に済ませている可能性も高いです。

違法性を立証できる証言や証拠集めを行なうなら調査の専門家である探偵に依頼することが最も安全で効率の良い方法です。

引き抜き・ヘッドハンティング被害の相談窓口

手遅れにならないうちにご相談ください

ファミリーセキュリティでは、多様なトラブルに対応し、心身を脅かされるトラブルに対して、迅速かつ徹底的に調査を行ない、解決に向けて最適な対策を取ることができます。

あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop