セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事

Interpersonal Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 対人トラブルサポート関連記事 > 親子トラブルの種類や解決方法│実態調査が必要なケース
公開日: 2022/07/10 最終更新日: 2022/09/13
セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事
 公開日: 2022/07/10 最終更新日: 2022/09/13

親子トラブルの種類や解決方法│実態調査が必要なケース

ピンクと白のハート

血を分けた親子でも、理解し合い受け入れることができるとは限りません。 むしろ親子だからこそ愛憎による確執が起きることもあります。親子関係も親子の数だけ存在します。今回は親子トラブルの種類や解決方法について解説しています。親子関係でお悩みの方はご一読ください。

目次│親子トラブルの相談窓口

相談者
親子トラブルサポート
2022年7月9日 
トラブル問題解決の担当者が書いた親子トラブルに関する情報を公開しております。真実を知ることが人生を取り戻す第一歩になるはずですあなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。是非お役立てください。

親子間はトラブルが起きやすい

親子トラブルは親と子供の中で起きるさまざまな問題のことを言います。親子間の衝突は感情的になることが多々あります。

対立が続くと親子の確執が深刻なものになる可能性が高いです。子供の成長に伴ってトラブルの種類は変わりますが、親子関係の悪化がトラブルの直接的な原因になりやすいことが考えられます。

絶対的な親子関係とは?

親子はこの世に存在する人と人の関係性の中で最も絶対的な関係だと考えられています。

しかし水面下では、その親子関係に悩んでいる大人や子供が多く存在します。家庭環境によってもトラブルの元凶が何かによって、問題はそれぞれ変わってきます。

被害者が親の場合もあれば、子供の場合もあります。
これだけは言えることですが、親子だから相性がいいとか気持ちが通じ合うとは限りません。親は子を選べないし、子どもも親を選べないということも。

実際にある親子トラブルの事例集

親子トラブルの事例を一部紹介します。(身バレがないように内容を若干変えています。)

実際にあった親子トラブル被害事例

女性相談者の相談事例です

抗議しても信じてくれなかった母
女性 20代

母の再婚相手からモラハラ被害に遭っていました。性的嫌がらせも始まり、たまりかねて実の父の所へ行きました。母に連絡して抗議くれましたが、そんな事実はないと撥ねつけられました。当時、証拠がなかったので訴えることはできませんでしたが、今でもトラウマですし、母も許すことはできず今でも連絡を取っていません。

女性相談者の相談事例です

結婚を反対したら消息を絶った息子
女性 50代

息子が結婚したい相手がいると言って連れてきた女性が、明らかに息子より年上で態度も悪く奇抜な服装でお世辞にも好感を持てませんでした。反対すると息子は激怒し女性と行方をくらまして既に3年が経ちます。息子は転職したらしく全く状況が分かりません。今どこで何をしているのか心配でたまりません。

男性相談者の相談事例です

娘の洗脳を解いてほしい!
男性 50代

娘がある団体に完全に洗脳されています。どうやら恋人がその組織の幹部らしく、お金をだまし取られたり、暴力を振るわれているのにも関わらず、私たち両親の言葉には全く耳を貸しません。むしろ「否定ばっかりするな!」と怒りを露わにし敵視してきます。何とかして娘を洗脳から解きたいです。

男性相談者の相談事例です

言うことを聞かない引きこもりの息子
男性 60代

息子がもう15年以上引きこもっています。人間関係でもめて退社して以来、いくつか色を転々とし、その後ずっと引きこもったままです。一度、部屋から無理にでも出そうとしたら暴力を振るわれて以来、妻も私も見て見ぬふりをしてきました。私たちももう歳ですし、何とかできないものか悩んでいます。

親子トラブルの種類

トラブルを抱えている親子の数だけトラブルの数があります。親子間のトラブルの実態を探ってみると、他人同士のそれとは微妙に異なります。

トラブルは親子関係そのものを表している

それは愛憎の感情からの歪んだ親子関係の表れかもしれません。 その実態は家庭内暴力から壮絶な血肉の争いまで、その段階も種類はさまざまです。

棒グラフ

金銭トラブル

家族間だからといってお金の要求に対して無条件に応えていると、後々それが元でトラブルに発展してしまうことがあります。
家族間での甘えもあり、要求にこたえないと暴力などによる脅迫行為にも繋がることが多く非常に危険なトラブルです。

家庭内暴力

このケースは親が子供に、子供が親にいずれかが被害者、または加害者になります。親が無抵抗な子供に対して行なう場合は虐待行為になります。
何らかの精神的なストレスや苦痛を一番身近にいる家族にでぶつけてきます。暴力問題は黙認したり放置しておくとエスカレートする可能性が高いです。

洗脳トラブル

家族の誰かが第三者によって洗脳され、精神的に束縛を受けることで家族まで巻き込まれるトラブルです。宗教やマルチ商法、自己啓発などの組織であったり、友人知人からの洗脳というケースもあります。洗脳を止めようとすることで親子関係が悪化することがあります。

モラハラ・パワハラ行為

家庭内でのハラスメントは客観的にそであっても当事者間で自覚がないことが多く解決が難しい問題です。
特に子供が親からモラハラやパワハラを受けていてもそれが家庭の方針とか、躾と言われたら子供はなすすべがありません。社会に出てから以上だったことを悟り親への恨みを募らせる人もいます。

その他(兄弟差別など受けているなど)

親から兄弟差別を受けた、子供が詐欺にあっている、結婚を反対したら縁を切られたなどさまざまな親子間でのトラブルです。

幼少期からの親子関係との関連性

教育虐待

子供が成長するにつれて、それに伴って家族間の問題も変化していきます。幼少期に親から虐待を受けてきた子供が成長し、親に暴力を振るうケースもあります。

幼少期の親子の関係

その傾向を分析するとトラブルが起きやすい親子は普段からの親の子供への接し方に問題があるケースが多いことが分かります。たとえ衝突しても和解し合える親子というのは、親子間にたしかな信頼関係があるかどうかがカギになるでしょう。

円グラフ

親子トラブルはなぜ起きる?

親子間でトラブルが起きてしまうのはなぜでしょうか。
最も近い距離にいる関係だからこそ避けられない衝突があるのかもしれません。しかしながら信頼関係を築いている親子関係がある中で、なぜトラブルを抱える原因とは何でしょうか。

トラブルが起きやすい親子の関係性

親子トラブルの根本的原因は親子関係にあると考えられます。

  • 過保護に育ち、何でも許されてきたので、一般常識や社会性が身についていない
  • 親子で十分なコミュニケーションを取らなかったゆえの行き違いによるもの
  • 親から愛情や安心感をもらえなかったたゆえの親子間の信頼感の欠如

第三者が介入する危険なトラブル

家の危機

家族が巻き込まれる子どもへの洗脳

近年、親子間のトラブルとしてよく聞くのが洗脳トラブルです。子どもがマルチ商法や宗教、スピリチュアル系の団体などにハマり、子どもだけでなく家族にまで危険が及んでいる状況だといいます。

  • 反対したことで家出して消息不明
  • 明らかに洗脳によってお金を貢がされている
  • 家族のお金まで被害が及んでいる
  • 子どもが洗脳先で暴力や脅迫行為に遭っている
  • 目を覚ましたくて説教しても親子関係が悪化する一方

洗脳されている子どもにすべきではない行動

一度受けた洗脳は当然ながら簡単に解けるものではありません。洗脳されている子どもにガミガミ言ってもうるさがられるのがオチです。さらに洗脳行為にハマっていく可能性があります。

洗脳のきっかけを作ったのが友人や知人だったり、恋人の誘いだったりするケースもあるので批判ばかりすることも、反対に放置するのも危険です。

  • 家を追い出す
  • 見守る姿勢を貫く
  • 頭ごなしに否定しない
  • 一方的に話をしない
  • 根拠のない否定や感情的な批判

自分では解決できないときは専門家へ

ほんわかした家族の風景

親子トラブルの被害が自分たちでは解決できないほど大きくなってしまったときは、無理はせず第三者のサポートを求めることをお勧めします。

専門家なら迅速で確かな証拠入手が可能

本人の気持ちに寄り添い話しても、冷静に諭しながら反対する根拠を述べても、子どもが全く洗脳が解ける気配がない場合は、専門家にご相談ください。また親が原因のさまざまな被害も同様です。

事実を暴くための情報や証拠を入手しなければ証明できません。このような被害を確実に証明するには 専門家による実態調査や信用調査を用いた証拠収集が最も有効な対処法です。

親子トラブルの相談窓口

親子だから切り開ける未来があります

ファミリーセキュリティでは、多様なトラブルに対応し、心身を脅かされるトラブルに対して、迅速かつ徹底的に調査を行ない、解決に向けて最適な対策を取ることができます。 あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。 他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop