いじめセキュリティ関連記事

Bullying Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > いじめセキュリティ関連記事 > 虐待の事実を暴くために必要な調査とは?虐待証拠調査
公開日: 2021/06/06 最終更新日: 2021/06/05
セキュリティガイド - いじめセキュリティ関連記事
 公開日: 2021/06/06 最終更新日: 2021/06/05

虐待の事実を暴くために必要な調査とは?虐待証拠調査

虐待に関する問題解決で探偵社をお探しの方はご覧ください。どんな些細のお悩みも、真摯に向き合いご対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

目次│虐待証拠調査相談

「虐待」とは

代表的な虐待行為

  • 身体的虐待   暴力的行為、痛みを与える行為、外部との接触を遮断する行為
  • 心理的虐待   脅し、侮辱、無視、嫌がらせによって精神的に苦痛を与えること
  • 性的虐待   性的な行為、性的強要、性的な嫌がらせ
  • 経済的虐待   不正に財産を使用、職場に対して嫌がらせ、弱みに付け込み金銭の強要
  • 介護放棄・放任 介護サービスの利用妨害、世話をしない、高齢者の生活環境や身体的・精神的状態を悪化させる
  • ネグレクト   保護の怠慢、養育の放棄・拒否

探偵社が必要な理由

民間業者である探偵社に依頼すると、どんなメリットがあるのか。

  • 1人でできる証拠収集のやり方をサポートしてもらえる。
  • 調査のプロが味方にいることで心強くなる(セキュリティーサポート付き)。
  • 訴訟の仕方、弁護士の斡旋などのサポートがある。
  • 法律の範囲内で復讐されない環境を全面的に作り上げる。
  • 虐待されている現場の証拠を撮影してもらい、警察にすぐ通報し即日解決が可能。
  • 公共の虐待相談先


    虐待と思われる子どもや家庭を知った方へ「児童相談所一覧」


    虐待を受けている子供達へ「チャイルドライン」

虐待証拠調査相談事例

虐待にもさまざまな被害がある

  • 連れ子が再婚あいてに虐待されている
  • ある弱みを握られて経済的虐待が続いているが大事にしたくない
  • 内縁の夫による虐待やDV被害
  • 離婚した妻に育児放棄の疑いがある
  • 子供に対する継続的な無視について虐待であると証明したい

慰謝料請求をお考えの方へ

暴行・虐待を行う者に慰謝料請求を行うには、まずは証拠を揃えることからはじめましょう。慰謝料請求の証拠について疑問に思ったら専門調査士に相談しましょう。暴行・虐待に対する慰謝料請求、離婚調停、刑事告訴など専門家である弁護士に代理してもらうことができます。

(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)

第七二四条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

虐待証拠調査について

ご依頼者と連携して解決

虐待のほとんどが自宅内で行なわれるため、探偵が家の中で証拠収集することは難しいでしょう。かといって、泣き寝入りするわけではなく、隠しカメラの設置またはアドバイス、警察通報業務の連携などいくつもの虐待問題を解決してきました。解決したケースの共通点は、情報だけ渡して丸投げではなく「ご依頼者と連携して解決」しています。

虐待証拠調査は、問題が解決したとしても被害者に対して仕返しや悪評を拡散するなどリスクが生じます。そのリスクを回避するために、インターネット上の調査に及ぶことがあるので解決してもしばらくは注意が必要です。

探偵が取得する情報や証拠
  • 虐待をしてる人の音声や映像
  • 虐待した人の身元割り出し
  • 虐待現場の安全確保と通報業務


虐待証拠調査にかかる費用と注意点

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

  • 難易度A 簡易プラン 着手金5~15万+交通諸経費
  • 難易度B 基本プラン 着手金15~30万+交通諸経費
  • 難易度C 特殊プラン 着手金30~60万+交通諸経費

成功報酬については、着手金と同じ金額が設定されている傾向にあります。最近では、依頼者側に難易度の判断や適正な成功報酬を判断することが難しく、成功報酬制を設けていない探偵や興信所などもありますので、詳しくは探偵事務所にご確認ください。

ご契約以外の調査を事前説明なしに行い、請求することはありません!

近年、探偵事務所等で不正な料金を請求されるなどのトラブルが多発しております。当事務所では、ご契約された内容以外の調査をご依頼者様の了解なしに行うような事は一切ございません。もし調査の上で必要な場合であっても、必ず事前にご依頼者様に調査の必要性、内容をご説明の上、ご了解をいただいてから調査いたします。

虐待証拠調査依頼方法

最善の解決策が見つかるまで無料サポート

弊社の無料相談では、調査の専門家が問題の対処方法をアドバイスしたり、調査の手続きをご説明したりしております。1回のご相談で解決しない場合は、複数回ご相談いただいて構いません。また、調査が必要かどうかわからない問題も、まずは相談してください。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になるのです。

  • お問合せご相談

    1お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop