ホーム > セキュリティガイド > 防犯セキュリティ関連記事 > 騒音トラブルを探偵調査で解決する方法は?
公開日: 2024/02/09
セキュリティガイド - 防犯セキュリティ関連記事
 公開日: 2024/02/09

騒音トラブルを探偵調査で解決する方法は?

騒音の被害

騒音問題は、日常生活のなかで起こるトラブルの一つです。

騒音による問題は、近隣住民同士のトラブルだけでなく、集合住宅における管理会社やオーナー、テナント間の問題など、さまざまな場面で発生します。

騒音問題を解決するためには、まずは騒音の原因を明確にすることが大切で、原因が明確になれば解決策を見つけることができます。

騒音問題は、人間関係に悪影響を与えたり、精神的ストレスを引き起こすことがあります。早期解決を図り、快適な日常生活を送るためにも、適切な対処が必要です。

執筆者・監修者 / 山内 和也 2024年2月9日更新

1977年生まれ。趣味は筋トレで現在でも現場に出るほど負けん気が強いタイプ。得意なジャンルは、嫌がらせやストーカーの撃退や対人トラブル。監修者ページ

目次

騒音トラブルとは

「騒音トラブル」とは、日常生活のなかで発生する音によって生じるトラブルを指します。

  • 上階や隣室からの足音や振動
  • 自動車やバイクの騒音
  • テレビや音楽などの音
  • 深夜早朝の騒音
  • ペットの鳴き声
  • 工事騒音

騒音で揉めるトラブル事例

騒音問題によるトラブル事例として、以下のようなものが挙げられます。

隣人からの騒音によるトラブル

隣人がテレビの音量を大きくしたり、子供たちが走り回ったりすることで、上階や隣人に騒音が伝わり、トラブルになる場合があります。

集合住宅内のトラブル

集合住宅内において、階下の住人からの足音や家具の移動音などにより、上階の住人が不快に感じ、トラブルになる場合があります。

騒音による健康被害のトラブル

騒音により、睡眠不足やストレスが蓄積され、健康被害が出る場合があります。

騒音をめぐるオーナーとテナントのトラブル

賃貸物件の場合、オーナーとテナント間で騒音問題が発生し、トラブルになる場合があります。

これらのトラブルは、騒音の原因が特定できない場合や、相手方との対話が不十分な場合など、解決が難しい場合があります。

しかし、専門家のアドバイスや助言を受けることで、適切な解決策を見つけることができます。

意図的な騒音トラブル

騒音トラブル

意図的な騒音トラブルは、周囲の人々に対して悪意を持って騒音を発生させることを指します。

このようなトラブルは、特に精神的なストレスを引き起こし、被害者の生活に大きな影響を与えることがあります。

意図的な騒音トラブルは、被害者に以下の影響を与える可能性があります。

  • 睡眠不足
  • 健康被害
  • ストレス
  • 不安
  • 恐怖

意図的な騒音トラブル相談事例

意図的な騒音トラブルには、近隣住民とのトラブルや恨み、ストーカー行為などが多くあります。

他にも、宗教勧誘による連日のインターホン、寮に住む職場内トラブルなどの騒音被害もあります。

  • 深夜早朝に大声で叫ぶ
  • 壁や床をドンドン叩く
  • ストーカーによる車の空ぶかしで監視アピールする
  • 精神的な問題を抱えた人が、意図的に騒音を発生させている
  • 近隣住民とのトラブルから始まる子どもの飛び跳ねる騒音
  • ペットを飼っているような足跡が聞こえるが、上階に追及したら逆ギレされた
  • 隣人の話し声が大きく、注意をしたらエスカレートして寝室付近でわざと話す

無意識のうちに騒音を発生させていることも

無意識に騒音を発生させている事例としては、以下のようなものが挙げられます。

聴覚過敏症の人が、周囲の音に過剰に反応することで、無意識に騒音を発生させてしまう場合があります。

精神的な問題を抱えた人が、自分自身で無意識に騒音を発生させている場合があります。

例えば、不安やストレスを抱えた人が、爪を噛んだり机を叩いたりすることで、周囲に騒音を発生させてしまう場合があります。

高齢者が、聴力が低下しているために、自分の声量を調整できずに、無意識に大きな声で話すことで、周囲に騒音を発生させてしまう場合があります。

これらの事例は、意図的な騒音とは異なりますが、被害者にとっては同様にストレスを引き起こすことがあります。

そのため、まずは騒音の原因を明確にし、発生させている住民との対話を行なうことが重要です。

騒音トラブルに関する注意点

騒音トラブルに対処する際には、以下の注意点に注意する必要があります。

相手との対話に努めること

まずは、相手との対話を重視しましょう。相手に騒音トラブルがあることを伝え、改善を依頼することが大切です。

ただし、相手にも理由がある場合があります。相手の意見や立場を理解し、協力して問題を解決することが望ましいです。

証拠を収集すること

騒音トラブルに遭った場合は、日記や録音など、証拠を収集することが重要です。証拠がある場合は、解決がスムーズに進むことが期待できます。

法的手続きについて理解すること

騒音トラブルが解決しない場合は、法的手続きを行うことも必要です。しかし、法的手続きは時間とコストがかかる場合があります。

また、法的手続きによって人間関係が悪化することもあるため、注意が必要です。

専門家に相談すること

騒音トラブルが解決しない場合や、自分自身で解決することが難しい場合は、専門家に相談することが有効です。

弁護士や探偵業者、民間の騒音トラブル解決専門業者などが挙げられます。これらの専門家に相談することで、適切な解決策を見つけることができます。

騒音被害の注意点とは

騒音被害を受けた際に、直接相手にいうのは極力避けた方がよいでしょう。

騒音に関しては「常識が通用しない」ことが多く、こちらに腹を立て嫌がらせが悪化するケースがあります。

賃貸であれば「引っ越す」ことで無かったことにできるのですが、持ち家の場合や引っ越すことができない事情がある方は何度も顔をあわせなくてはなりません。

我慢の限界に達して「自分が加害者」になってしまうこともあり、当事者同士のやり取りは避けることを強くおすすめします。

騒音被害の受忍限度

騒音被害は、個人の主観によって受け取り方が異なることがあるます。

例えば、同じ騒音でも、若い人にとっては許容範囲内である一方、高齢者にとっては非常に大きなストレスになる場合など。

騒音の種類によっても、個人の主観が異なることがあるため、騒音トラブルに対処する際には、騒音を発生させている相手の情報が不可欠です。

受忍限度の判断基準

生している騒音が受忍限度を超えるかどうかを客観的・多角的に議論・検証・判断することは非常に難しい問題です。

また、騒音被害の受忍限度は、人によって異なります。一般的には、以下のようなものが挙げられます。

日常生活に支障が出る場合

騒音によって、睡眠不足や集中力の低下などが引き起こされ、日常生活に支障が出る場合は、受忍限度を超えたと言えます。

精神的なストレスが大きい場合

騒音によって、周囲の人々との人間関係に悪影響が出る場合や、ストレスが蓄積される場合は、受忍限度を超えたと言えます。

健康被害が出る場合

騒音によって、耳鳴りや聴力低下、心身の疲れなどが引き起こされ、健康被害が出る場合は、受忍限度を超えたと言えます。

被害者が騒音トラブルに対して受忍限度を超えたと感じた場合には、まずは相手方に改善を依頼することが重要です。

被害が深刻であれば、警察に相談することも検討してください。

騒音トラブルの解決方法

騒音問題の解決方法

まずは、騒音トラブルの相談先をご紹介いたします。

それでも解決に至らない場合は、損害賠償請求をするにしても、話し合いをするにしても、具体的な騒音被害を証明することが必要となるのでご相談ください。

管理会社・管理組合・自治体

騒音を発生させている住人に注意喚起した結果、騒音を発生させている自覚がないというケースや理解のある住民であれば騒音トラブルが解決することがあります。

警察

注意喚起をしてもやめない住民には、警察に相談するのも1つです。警察からの注意も聞かないような場合は、告訴などの法的措置を検討しなければなりません。

弁護士

話し合いに応じない場合は、裁判所への民事調停の申し立てや、被害届の提出や告訴などについて、法的な知識のアドバイスが必要になります。

騒音被害の証明が必要

どのような音が騒音に感じるかは「個人の主観」によるといわれ、理解されないことがあります。

「音に敏感なのでは」などといわれ、騒音に悩む辛さが伝わらず1人で抱え込んでしまう前に、誰もがわかる証拠を取得しましょう。

発生時間や発生場所、音の種類、測定士によって計測した音の大きさなどの記録し、受忍限度を超えていることや迷惑行為が長期的に続いていることを、データに基ずく説明であれば加害者はもちろん、弁護士や警察の理解も得られます。

防犯セキュリティの概要

自分でできる証拠集め

騒音トラブルを解決するには、「直接話し合いをする」「管理会社や自治体に相談する」「調停を利用する」「裁判を起こす」などの方法があります。

また、警察に通報し、被害届を提出するのも一つの方法です。

しかし、どの解決方法を選ぶにしても、騒音被害の証拠や証明が重要です。

証拠がないと、相手方に責任を認めてもらうことができず、解決が難航する可能性があります。

以下は、自分でできる証拠収集の方法です。

  • 録音
  • 録画
  • 写真
  • メモ
  • 診断書
  • 証言

第三者の音声や映像を録音・録画する場合は、プライバシーの侵害にならないように注意が必要です。

防犯セキュリティでできることは

防犯セキュリティでは、専門機材を用いた騒音の証拠収集、加害者の特定や情報収集を行ないます。

相手に知られてしまうと証拠収集が困難になる可能性や、相手が逆上し被害が拡大する恐れがありますので、秘密裏に記録します。

当事務所では、上級心理カウンセラー有資格者が調査のみならず、話し合いの立ち会いまでのトータルサポートを行ないます。

過去には、加害者、管理会社、管理組合、警察などの話し合いに立ち会いし、被害状況の説明を行なった事案もあります。

防犯セキュリティは調査のみならず、ご自宅や勤務先の防犯対策もお任せください!

騒音トラブルは、一人で解決しようとすると、精神的に負担が大きくなることがあります。少しでも不安を感じてるのでしたら、一度専門家に相談してみましょう。

裁判や調停でも認められる調査報告書

各種調査の基本料金は

騒音測定の基本料金は、132,000円(税込)から調査をお受けしています。

意図的な騒音トラブルを証明するためには、複数回の測定が必要です。ご依頼者が在宅中と不在中で、騒音の有無や大きさを測定し記録します。

騒音の測定回数や、取得する加害者の情報に応じても、調査内容が変わります。まずは、現在に至るまでの経緯や状況をお聞かせください。

測定調査

132,000円(税込)~

防犯セキュリティ

防犯対策:100,000円(税込)~

行動調査・素行調査

時間料金制プラン:1時間1名 6,500円(税込)~

追加料金は一切なし!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。

当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

まとめ

騒音は、生活環境に深刻な影響を与えるトラブルの一つであり、被害者の精神的苦痛や健康被害を引き起こすことがあります。

騒音トラブルに遭遇した場合は、まずは相手との対話を行い、改善を依頼することが大切ですが、相手にもよります。

証拠が必要になる相手(認めない)や嫌がらせ目的の意図的な騒音には、「騒音被害の証明」が必要になります。

法的手続きを行なうことも必要ですが、冷静に判断し、適切な専門家に相談しましょう。

お問い合わせフォーム

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須)
    お住まい地域 (必須)
    ご連絡先 (固定電話・携帯) (必須)
    メールアドレス (必須)
    要望・質問
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    関連記事

    記事検索

    探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

    (C) ファミリーセキュリティ

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談