セキュリティガイド - ホームセキュリティ関連記事

Home Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > ホームセキュリティ関連記事 > 争う前に知っておきたい騒音の解決方法や注意点
公開日: 2022/01/10 最終更新日: 2022/01/28
セキュリティガイド - ホームセキュリティ関連記事
 公開日: 2022/01/10 最終更新日: 2022/01/28

争う前に知っておきたい騒音の解決方法や注意点

今回は『争う前に知っておきたい騒音の解決方法や注意点』というタイトルでお話ししたいと思います。
実際にどのような解決方法があるのか、どのようなことを注意したらよいのかなど、詳しく解説します。

目次|自分で解決するのは危険!?

相談者
騒音トラブルサポート
2022年1月10日 更新
ホームセキュリティの担当者が書いた騒音の解決方法や注意点を公開しております。騒音トラブルなら、騒音の発生源の特定から計測、調査レポート持参のうえでの話し合いなど解決までサポートいたしております。

騒音となる被害事例

「これは騒音にあたらないのか?」「我慢しなくてはいけない音なのか?」人々は生活するうえで、さまざまな生活音を受け入れていますが、どのレベルまで受け入れなくてはならないのかを説明します。

最近の判例では、損害賠償請求や侵害行為の差し止めを認める事件が増えています。

家庭用機器や設備から発生する騒音

掃除機やエアコン室外機から発生する騒音に対する損害賠償は、室内に到達する騒音や振動が「受忍限度」を超えているかがポイントになります。
なかには、「故意」に音を発生させる悪質な嫌がらせもあるので騒音が起きる日時やどのような音がするのかを記録することが必要です。

音響機器から生じる音

テレビやオーディオ、ギターやドラムなどの演奏で発生する騒音に対する損害賠償は、昼間と深夜・早朝などの時間帯や「受忍限度」を超えていることが考慮されます。
頭痛など体調を崩したりするケースもあり、騒音の被害は深刻なケースが見受けられます。

生活行動やペットによる騒音

人の話し声や子どもの飛び跳ねる騒音に関しては注意で解決するケースはありますが、ペットはしつけによってすぐに鳴き声を止めさえることは非常に困難です。
毎日のようにペットが大きな声で鳴き続けたり、子どもが走り回ることで、睡眠に影響を与え健康に被害を与えることもあります。

騒音トラブルの解決方法

まずは、騒音トラブルの相談先をご紹介いたします。

それでも解決に至らない場合は、損害賠償請求をするにしても、話し合いをするにしても、具体的な騒音被害を証明することが必要となるのでご相談ください。

管理会社・管理組合・自治体

騒音を発生させている住人に注意喚起した結果、騒音を発生させている自覚がないというケースや理解のある住民であれば騒音トラブルが解決することがあります。

警察

注意を喚起してもやめない住民には、警察に相談するのも1つです。警察からの注意も聞かないような場合は、告訴などの法的措置を検討しなければなりません。

弁護士

話し合いに応じない場合は、裁判所への民事調停の申し立てや、被害届の提出や告訴などについて、法的な知識のアドバイスが必要になります。

探偵社

探偵に依頼する多くの騒音被害は、嫌がらせ要素が含まれ「受忍限度を超えている証明」や故意に行なわれている迷惑行為であることを証明するために利用されます。

相談事例
  • マンションやアパートの上下階の騒音トラブル
  • 車やバイクから発生する騒音トラブル
  • エアコンの室外機からでる騒音トラブル
  • 近隣住民から発生する騒音トラブル
  • 音のおおきさではなく生理的にうけつけない音のトラブル

騒音トラブルの注意点

直接苦情を言わない

騒音被害を受けた際に、直接相手にいうのは極力避けた方がよいでしょう。騒音に関しては「常識が通用しない」ことが多く、こちらに腹を立て嫌がらせが悪化するケースがあります。

賃貸であれば「引っ越す」ことで無かったことにできるのですが、持ち家の場合や引っ越すことができない事情がある方は何度も顔をあわせなくてはなりません。

我慢の限界に達して「自分が加害者」になってしまうこともあり、当事者同士のやり取りは避けることを強くおすすめします。

客観的なデータを示す

どのような音が騒音に感じるかは「個人の主観」によるといわれ、理解されないことがあります。「音に敏感なのでは」などといわれ、騒音に悩む辛さが伝わらず近隣の協力が得られないで1人で抱え込んでしまう前に、誰もがわかる証拠を取得しましょう。

発生時間や発生場所、音の種類、測定士によって計測した音の大きさなどの記録し、受忍限度を超えていることや迷惑行為が長期的に続いていることを、データに基ずく説明であれば加害者はもちろん、弁護士や警察の理解も得られます。

裁判や調停でも認められる調査報告書

探偵社に依頼したときの料金について

追加料金は一切なし!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

騒音測定プラン 測定調査9時間(朝・昼・夜の3稼働):132,000円

騒音調査の相談・依頼方法

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。

初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、相談することから始めましょう。

騒音相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、騒音の状況、騒音測定に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須)
    お住まい地域 (必須)
    ご連絡先 (固定電話・携帯) (必須)
    メールアドレス (必須)
    要望・質問

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    関連記事

    記事検索

    探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

    (C) ファミリーセキュリティ

    pageTop