ホームセキュリティ関連記事

Home Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > ホームセキュリティ関連記事 > 近年の盗聴や盗撮の手口とは?体験談と巧妙な手法
公開日: 2020/08/31 最終更新日: 2020/08/25
セキュリティガイド - ホームセキュリティ関連記事
 公開日: 2020/08/31 最終更新日: 2020/08/25

近年の盗聴や盗撮の手口とは?体験談と巧妙な手法

今回は『近年の盗聴や盗撮の手口とは?体験談と巧妙な手法』というタイトルでお話ししたいと思います。近年の盗聴や盗撮の手口とは?体験談と巧妙な手法とはどのようなものか、詳しく掘り下げていきましょう。

盗聴盗撮発見調査相談窓口

巧妙な盗聴盗撮の手口

巧妙な盗聴手口ってどんなもの?

盗聴音声を無線でやり取りする無線式のものや、 盗聴音声をケーブルなどでやり取りする有線式のタイプの盗聴器があります。発見される盗聴器の多くはコンセント型や、ボックス型、モジュラーコネクタ型、デジタル式、スクランブル式のタイプで発見されます。インターネットなどで誰でも購入することができるもので、100Vコンセントであればどこでも簡単に設置されてしまう機種がコンセント型の盗聴器です。

ボックス型はライターぐらいの小さい箱型のものが主流で、こちらは部屋の死角に設置されることが多いです。モジュラーコネクタ型の盗聴器は固定電話の『モジュラーコネクタ』に偽装されて設置され、電話線から電源供給を受け、半永久的に盗聴される盗聴器です。デジタル式盗聴器は『デジタル波』という電波を使って発信され、自動着信されるよう設定した携帯電話やスマートフォンを設置し、電話をかけることによって盗聴を開始するタイプの盗聴器です。こういった盗聴器ひとつにも、色々種類があって恐いんですね。

盗撮手口ってどんなもの?

昨今の盗撮器にはペン型のカメラや、モバイルバッテリー式カメラ、キーホルダー式カメラ、置時計・腕時計式カメラや、音楽プレーヤー式カメラ、動画も撮影できる眼鏡型カメラもあります。ペン型のカメラはスマホの画面と連動しながらペンの部分のアングルを調整できるタイプのスパイカメラです。モバイルバッテリー式カメラはモバイルバッテリーの形をした静止画・動画撮影ができるカメラで、一見普通のモバイルバッテリーにしか見えないのが特徴です。

キーホルダー式カメラは車の鍵のような形で、多くは赤外線ライトが内蔵されているものです。一見して車のキーと形式上では変わりはありませんし、見た目での違いは分かりません。そのほかにも腕時計や音楽プレーヤー式のカメラを使われれば、普通に音楽を聴いている、腕時計を見ている仕草でも、実際には盗撮されている、ということもあり得ます。

盗聴盗撮に関する法律

盗聴や盗撮って違法じゃないの?

罪に問われない盗聴・盗撮

盗聴や盗撮と聞いて、犯罪性がある行為だと思ってしまっている方が多くいらっしゃるのかと思いますが、実際に盗聴や盗撮の法律面で理解を正しくすると、必ずしも犯罪に当てはまるものではなかったりするのが現状です。まず日本の法律では、盗聴器盗撮器を販売・購入することやその行為を規制する法律はありません。

しかしながら盗聴や盗撮に関わる別の行為で罪に問われるケースが多々あるので、自他共に注意は必要ですし、もし自分が下記の内容で被害を受けていると感じたら、すぐさま探偵などの調査会社や警察に相談することをおすすめします。盗聴や盗撮の調査は探偵でも行っていますが、市販でも盗聴盗撮発見器が販売されていますので、ある程度自分で自宅を調べることはできます。

ただ発見器も安いものですと、家電製品が反応してしまう場合もあるので、やはり探偵社に調査を依頼するということがベターでしょう。

罪に問われる盗聴・盗撮
  • 盗撮した写真をネット上に晒す行為。
  • 盗聴した写真と引き換えに金銭を要求する行為。
  • 盗聴するために他人の住居に無断で侵入する行為
  • 盗聴するために他者の所有物を改造する行為。
  • 固定電話の盗聴行為。
  • コンセントの裏に盗聴器を仕掛ける行為

このような犯罪のリスクを伴う盗聴・盗撮は絶対にするべきではありませんし、プライバシーの侵害や肖像権の侵害などで検挙されてもおかしくありません。

盗聴発見の調査レポート

自分の部屋に感じた違和感の正体

ストーカーによる盗聴は、身の回りのものはもちろん勤務先や出先でもなりふり構わず情報収集を行います。そんな中、知らない間に自分の部屋に盗聴器を仕掛けられているケースもあり、鍵を閉めたから大丈夫と思わず疑ってみることをおすすめします。

女性
ご依頼者様: 42才/女性 会社員
ご依頼内容: 盗聴発見調査
ご依頼理由: ここ最近、マンション内で自分の噂をされていることが気になっていた。生活状況を観察されているのではと疑い、用心に越したことはないと、盗聴発見調査を依頼しました。
調査レポート: 室内での盗聴発見調査では確認できなかった。情報が洩れている原因を突き止めるために、室内でコンクリートマイクの可能性を疑い、妨害機を1週間室内に設置して様子をみることにしました。結果、上階の住民の態度に異変があり、おそらく聞き耳をたてて面白おかしく噂を流したことがバレたと思い恐れているのでしょう。

盗聴発見調査レポート

まさかあの人が…目的はいじめ

会社の同僚が盗聴器を仕掛けるケースでは、上司や、同僚の会話・発言を盗聴し、情報を盗むことを目的としています。同業種のライバル会社からの依頼(報酬有り)の場合は、重要情報が漏洩し、大きな被害が出る可能性があります。

男性
ご依頼者様: 39才/男性 会社員
ご依頼内容: 盗聴発見調査
ご依頼理由: 引越しして間もないころ、自宅の近くで同じ車を見かけるようになりました。その車にはいつも同じ男女が乗っていて何かやっているようですが車内まではみれませんでした。最初は「休憩でもしてるのかな?」と思い気にしていなかったようですが、あまりにも頻繁に見かけるようになり、最近不審な出来事が頻繁に続いたため盗聴発見を依頼することにしました。
調査レポート: まずは、盗聴発見調査を依頼するきっかけを確認すると「勤務先で仄めかしに遭った」ことがきっかけであったことから、引っ越しの際に会社内の人間に手伝ってもらったか確認すると手伝ってもらったことが判明。不審車両に勤務先の人間が乗っていればすぐにわかることから協力者がいると判断する。室内の盗聴発見調査を行なった結果、コンセント内部に盗聴器が仕掛けられることが判明。電気工事士を呼んで撤去したが犯人が特定できないため警察に届け出る。後日、引っ越しを手伝った人物の様子を伺ったところ「なぜかそわそわしていた」とお聞きしおそらく何かしらの目的で設置したと判断し、以後気を付けるようにアドバイスして終了した。

盗撮発見調査レポート

知るはずのない情報が漏れていた

隠しカメラは、通販で簡単に入手できるようになりました。隠しカメラは日常に溶け込むように設置されているので、気づけないことも多いでしょう。悪質な使い方をしてしまえば、盗撮という犯罪行為に利用されてしまいます。

女性
ご依頼者様: 50才/女性 主婦
ご依頼内容: 盗撮発見調査
ご依頼理由: なぜか、近隣住民で噂が広まっていたのでずっと気になっていた。最初は気のせいと思いあまり気にしなかったのですが、正面の家の2階の窓にレンズらしきものが見えて気にはなっていた。ある日、子供の進学先は誰にも伝えていないのに近隣住民が知っているかのように仄めかしたので、「子供に聞いたのかな」と思い夜に聞いてみたら聞かれていないとのことで盗撮でもされているのかと思い調査依頼することにしました。
調査レポート: 盗撮器には、電波で画像を飛ばすワイヤレスタイプ、インターネット経由で画像を送信するインターネット接続タイプ、内蔵のメモリーに画像を録画するメモリータイプがあります。まずは、盗撮器なのかを調べるためサーモグラフィーや赤外線を使用して確認したところ、熱を発生することはなく、電波の発信を確認し盗撮器ではないと判断し、情報漏えいは別の原因にあると伝える。盗撮器は素人でも簡単にセッティングでき、他人が知りえるはずのない自分の情報を知っている、誰かに見られている気がする等感じられた時は迷わずご相談ください。

盗聴盗撮調査にかかる費用は?

まずは相談してみましょう!

自宅のアパート、一軒家、マンションだったり、企業に仕掛けられた盗聴器や盗撮器を発見する調査になります。特殊な機材を扱った調査になり、なかには成功報酬型で報酬金を得るところもありますが、着手金と発見報酬金を合わせて高いところで10万円台後半、高額なところでは30万円といった調査費用がかかってきます。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
ファミリーセキュリティでは、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

盗聴盗撮調査依頼方法

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop