ホーム > セキュリティガイド > オンラインセキュリティ関連記事 > リベンジポルノ被害に対するAI技術を利用した対処法 | 女性調査員在籍
公開日: 2024/04/28 最終更新日: 2024/04/30
セキュリティガイド - オンラインセキュリティ関連記事
 公開日: 2024/04/28 最終更新日: 2024/04/30

リベンジポルノ被害に対するAI技術を利用した対処法 | 女性調査員在籍

リベンジポルノは、元恋人や交際相手によるプライベートな写真や動画の無断公開により、被害者が精神的苦痛を受ける深刻な問題です。

この記事では、AI技術を活用したリベンジポルノ対策と、被害者支援に特化したサービスをご紹介します。

執筆者 / 波多野 / 2024年4月28日

教育学をはじめ臨床心理学、行動心理学を学び、人が抱える悩みや問題に寄り添いサポートすることを得意とする。結婚や離婚に関する問題、素行調査に関する相談解決実績多数。英語の語学力を生かし海外探偵調査の相談窓口を担当。

リベンジポルノの現状

リベンジポルノ調査2

最近の調査によると、日本国内でリベンジポルノの被害は増加傾向にあります。

多くの被害者がデジタルタトゥーや心理的なトラウマに苦しんでおり、即効性のある対応が求められています。

リベンジポルノ相談1628件、「SNSだけの関係」2割…警察庁「安易に画像送らないで」

『昨年1年間に全国の警察に寄せられた「リベンジポルノ」に関する被害相談は1628件(前年比58件増)に上り、過去最多だったことが警察庁のまとめでわかった。このうち2割は加害者との関係がSNSなどのインターネット上だけで、警察庁は「安易に画像や動画を送らないでほしい」と呼びかけている。リベンジポルノは、元交際相手らの裸の画像などを勝手に公開する犯罪。警察庁によると、昨年の相談者は10歳代以下が26%、20歳代が39%だった。加害者は「交際相手・元交際相手」が821件で半数を占めたが、インターネット上だけの知人・友人も2割の326件に上った。2014年に施行されたリベンジポルノ被害防止法違反での摘発は47件で、児童買春・児童ポルノ禁止法違反など他の容疑での摘発も計242件あった。』

引用元:読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/national/20220303-OYT1T50183/

AI技術を利用したリベンジポルノ対策

リベンジポルノ調査3
自動検出システム

AIがインターネット上に公開された写真や動画をスキャンし、特定の特徴や顔認識技術を用いて個人のプライバシーを侵害するコンテンツの存在を確認します。

削除支援

検出されたコンテンツに対して、法的手続きを迅速に進めるためのサポートを提供。これには、削除請求の文書作成や、プラットフォームへの連絡が含まれます。

精神的サポート

被害者の心理的負担を軽減するためのサポートを提供します。

当事務所のサービスの特徴

当サービスでは、女性調査員が在籍し、女性の被害者が安心して相談できる環境を整えています。

全てのプロセスでプライバシーの保護を最優先し、被害者が社会復帰を果たすための全面的な支援を行ないます。

女性調査員在籍

女性の被害者が安心して相談できるよう、女性調査員が多数在籍しています。

プライバシーの厳守

すべての手続きは被害者のプライバシー保護を最優先に行ないます。

迅速な対応

AIの技術を駆使して迅速に問題の解決を目指します。

相談事例

リベンジポルノ調査4

相談者 女性 20代

元交際相手に性行為を撮影され、別れ話のときにその動画をネット上でばらまくと脅されました。

交際中にそのような動画を撮るべきではなかったといまさら後悔しています。

元交際相手は暴力的な人だったので本当にネット上に晒されている可能性があります。

自分で確認するのが怖くてできません。女性スタッフがいると聞いて依頼することにしました。

調査結果

調査レポート

実際の録画データを元にAIによるオンライン検索調査を行ないました。調査の結果、ネット上で対象の動画の流出は確認されませんでした。

しかし、今後の流出の可能性を考慮し、事前の対策を打つことにしました。

サポート内容としては、元交際相手との安全面を最優先にした話し合いサポート、動画の回収と削除、今後一切動画を流失拡散させない旨の念書作成サポートなど、万一流出が認められた場合の法的手続きなどについてのアドバイスを行ないました。

調査の感想

動画が流出してなかったことは一安心しました。
二人で直接話すことが怖かったのですが、付き添いサポートをしていただき安心して解決への道を進むことができました。
今後は自分を大切にして男女交際のあり方を考え直したいと思います。

相談者 女性 30代

私は既婚者ですが夫の友人と不倫をしていました。

不倫相手に別れたいと伝えると不倫相手から「別れるなら性行為の動画をネット上にバラまく。お前の夫にも送りつける。」というLINEメッセージが送られてきました。

自分は夫と離婚するつもりはなく、不倫を辞めたいと考えていました。動画の流出があるか確かめる方法はあるでしょうか。

また、もし流出していた場合に相手に慰謝料を請求することはできるでしょうか。

調査結果

調査レポート

撮影動画を元にAIによるオンライン検索調査を行ないました。調査の結果、アダルト掲示板サイトに動画と顔写真が投稿されていました。

早急に動画の拡散を止める必要があり、投稿されていたプラットホームへの削除依頼を行ないました。

まず、送られてきた脅迫メッセージの証拠保全、相手の連絡先、住所の確認、流出させたのが不倫相手かどうかの事実確認を行ないました。

リベンジポルノにあたる被害であったため、弁護士のサポートを得ながら法的手段として慰謝料請求に踏み切られました。

相手が示談を希望したため、動画の回収と削除、今後一切の流出をさせないという約束の元、アフターサポートを徹底させていただきました。

調査の感想

軽い気持ちで不倫してしまいこんなことになるなんて思いもしませんでした。とても後悔しています。自分にも非があるためこの問題をどう解決したらよいか分からずにいました。女性スタッフの方が対応していただき安心できました。不倫相手からの脅迫の証拠を元に適切に対処することができました。もう二度と軽率な行動をとらないことを誓いました。誠実に対応してくださってありがとうございました。

リベンジポルノに関する相談窓口

リベンジポルノ調査5

リベンジポルノの被害は、一人で抱え込むにはあまりにも重く、解決には専門的な支援が必要です。

AI技術を駆使した当サービスが、被害者一人一人の立場に立って最適な解決策を提供し、安心して前に進める力をサポートいたします。

時間勝負ですので、迅速に解決のための一歩を一緒に踏み出しましょう。

関連記事

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談