セキュリティガイド - ストーカーセキュリティ関連記事

Stalker Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > ストーカーセキュリティ関連記事 > 子供のストーカー被害に親ができる対処法は?…5つの危険サインを見逃さないで!
公開日: 2022/03/08
セキュリティガイド - ストーカーセキュリティ関連記事
 公開日: 2022/03/08

子供のストーカー被害に親ができる対処法は?…5つの危険サインを見逃さないで!

ストーカー被害に親ができること

ストーカー被害は当事者が、被害に遭っていることを断定するのに時間がかかります。ましてやそれが自分の子どもであるとき、親として子どもの被害を見抜くことは困難なケースが多いと言われています。

大切なわが子をストーカー被害から守るために取るべき親の行動を解説します。

目次│ストーカー被害の相談窓口

相談者
ストーカー被害トラブルサポート
2022年3月8日 
ストーカー問題解決の担当者が作成した子供のストーカー被害に関する情報を公開しております。真実を知ることが人生を取り戻す第一歩になるはずです。すあなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。是非お役立てください。

ストーカー被害ってどんなこと?

8つの危険なストーカ行為

恋愛などのもつれや恨みなどから起こる、つきまといを始めとするさまざまな嫌がらせ行為を繰り返し行うことを「ストーカー行為」といわれています。

ストーカー行為は次第にエスカレートし、命に関わるような危害を加えてくる恐れがあり、放置しておくのは危険です。

ストーカー行為はさまざまありますが、下の8つの危険性のあるストーカー行為の対象になります。

犯罪に発展する恐れのある8つのストーカー行為
  • 付きまといや待ち伏せ、押しかけ行動
  • 電話やメールでいつも監視していると告げる
  • 断ったにも関わらず何度も交際を要求する
  • 乱暴な言動で威嚇してくる
  • 執拗な無言電話やメッセージを送り付ける
  • 自宅や職場に物を送り付けたりする嫌がらせ
  • 名誉を著しく傷つける行為
  • 猥褻な言葉や写真を送り付けたりする行為
ストーカー被害で親にできること2

ストーカーされてしまう要因

ストーカー被害に親ができること2

ストーカー行為が起こるきっかけ

ストーカー行為が相手の異常で悪質な行為であることは間違いありません。

ただし、知らぬ間に被害者側が何かしらの原因やきっかけを作ってしまっていた事例も耳にすることがあります。

それは具体的に例えばどんなことでしょうか。身の覚えのあることなら、ストーカーを予防する手がかりになるかもしれません。

ケース①
ネットで知り合い、2度目にホテルに誘われました。終電も過ぎていたし「何もしないと約束する」と男性がしつこいので女性は仕方なく応じました。徹底的に防戦を張っていたので何もなかったそうですが、恋愛感情がないのでもう会わないと告げた後で、男性から日に何十件もメールを送られてきて無視すると「裸の画像を送る」と脅してきました。
ホテルで寝ているとき女性のはだけた上半身の写真を撮ったというのです。いわゆるリベンジポルノです。
ケース②
女性が働いていたキャバクラの客だった男性と食事し、その後ナイトショーに行きたい言われて正直嫌だったそうですが、営業上仕方なく付き合いました。
その客はその日から女性の恋人になったと思い込んで、店の帰りに待ち伏せしたり、付きまとい行為をしたりするようになりました。店側が出禁にすると行動がエスカレートし、脅迫めいたメールや電話がしつこく、身の危険を感じた女性は店を辞め引っ越しまで考えています。
ケース③
当時、交際していた男性に別れを告げたとき、彼にとっては青天の霹靂だったようで、人通りがある場所にもかかわらず大逆上して認めない!と声を荒げていました。
それから付きまとい、嫌がらせ行為が始まりました。精神的に追い込まれたとき、別れ際にもっと別の伝え方があったかもしれないかもしれないと女性は考えたと言います。別れる間際まで相手に心を悟られないよう、変わらず接していたのでかえって気を持たせてしあったのだといいます。

ストーカー規制法とは

ストーカー被害の最大の防止策

どんなに気を付けていようが、ストーカーの標的として目をつけられてしまうことは予防のしようがないことがほとんどでしょう。

そんな悪質なストーカーによって犯罪に巻き込まれることがないように定められたのがストーカー規制法です。

ストーカー規制法は前途した8つのストーカー行為を法律で罰するために導入された規制法です。

改正によって規制対象が新たに追加されることに

ストーカー規制法は、これまでに2度の改正が実施されています。令和3年には3度目となる改正が成立し、規制行為が拡大されました。

  • 無許可でGPS機器等を用いた位置情報を取得する行為
  • 所定の場所以外のあらゆる場所での見張り行為
  • 拒否されているにも関わらず手紙などの「文書」を何度も送る行為

これらの改正の背景には、従前の規制内容では新たに登場した電子メール・SNSなどによるつきまといなどに対応できなくなったという事情があるといわれています。

子どものストーカー被害5つのサイン

ストーカー被害に親ができること3

被害のサインを見つけることが重要!

親として子供を守りたい気持ちがあっても、子どもが被害を訴えたり、助けを求めたりしてこない限り、ストーカー被害の実態や危険値を把握することはもちろん、被害に遭っていることすら分からないでしょう。

ただし、ストーカー被害に困っていれば抱え込んでいる苦難を日常の中で垣間見ることはあるはずです。

ひょっするとわが子はストーカー被害に遭っているのでは?と感づく被害サインをお子さんは必ず出しています。

サインを見つけやすい場面として以下を参考にしてください。一緒にいるとき1つでも多く確認したら、その分被害のサインの可能性が高くなります。

ストーカー被害の5つのサイン

  • 一緒に外を歩いていると周りを気にしてそわそわ落ち着かない様子
  • スマホを見ているときの表情が依然と打って変わり暗くなった
  • インターフォンや電話が鳴ると怯えた素振りをする
  • 帰宅する際に息を切らして誰かから逃げているように見えた
  • 家に届いた封書や品物を開封するとき不安げに開封していた

親が取るべきストーカー被害への対処法

ストーカー被害に親ができること4

ストーカーを刺激してはいけない!

ストーカー対策において、もっとも大切なことはストーカーを刺激しないことです。

感情的になり直接的に対峙したり、警告してしまうことはNG行為と言われています。

子供を安心させたい一心での行為ではあるかと思いますが、かえってストーカーを刺激してしまい、ストーカー行為がさらに過激になり状況を悪化させてしまう危険性があります。

ストーカーに一般的な常識は通用しません。

親が子供のためにできること

親が取るべきストーカー被害への対処法はストーカーに対してではなく、被害者である子供の心に寄り添うことです。

  • しっかりと話を聞いてあげる
  • 被害を理解し、子供を責めない
  • 安心できる環境づくり
  • 精神的ストレスによる心のケア
  • 警察への同行

ストーカー調査をお勧めする理由

問題解決は専門家へ

子供の心に寄り添うだけでは根本的な問題解決とは言えません。

ストーカー行為を辞めさせるための取り組みも並行して行うことが必要不可欠です。

ストーカーを刺激せずに穏便に解決するために、ストーカーに対する対処は専門家にお任せください。

警察へ相談することは大切なことですが、証拠や実害のない被害に対して過度な期待ができないのが実情です。

探偵には、探偵ならではの方法で、安全の確保と被害の証拠収集を行うことが可能です。

ストーカー被害の相談窓口

私たちは全力でサポートいたします

ストーカー被害に親にできること

トラブルに遭遇したとき…過剰に思い詰めてしまうと冷静な判断ができなくなり、解決に結びつかないことがあります。

解決方法が分からないという方は、ご自身で抱え込まず、当事務所の無料相談をご利用ください。

ファミリーセキュリティ窓口は、多様なトラブルに対応しトラブル解決までサポートしています。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

あなたの抱えている苦しみや悩みをお聞かせください。 安心できる日常を取り戻し前を向いて歩けるよう、ご期待に添えるような問題解決とサポートをお約束します。

  • お問合せご相談

    1お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

ストーカー調査依頼のQ&A

Q

ストーカーに調査がバレないか心配です。バレることはありませんか?

A

ご安心ください。慎重に調査を行います。大変デリケートな問題ですので調査は慎重に行ないます。他の調査に関しても当事務所では、専属担当がご依頼者のニーズに合わせた調査・サポートを行なっています。と

Q

ストーカー調査を依頼する際に予め準備しておくべきことはありますか?

A

今お持ちの証拠と、調査によって得たい証拠や情報について整理しておいてください。例えば、「ストーカーの正体がわからない」「着歴やメールは残っているが付きまといの証拠がない」などそれによって、調査方法などの計画が立てやすくなります。

Q

面談にて相談したいのですが、事務所に行かないと駄目ですか?

A

出張面談も可能です。ファミリーセキュリティでは当事務所まで来られない方のために、出張面談を実施しております。各エリアの出張面談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop