セキュリティガイド - ホームセキュリティ関連記事

Home Security Articles

ホーム > セキュリティガイド > ホームセキュリティ関連記事 > もし盗撮や盗聴の被害に遭ってしまったらどうする?
公開日: 2022/01/13 最終更新日: 2022/01/28
セキュリティガイド - ホームセキュリティ関連記事
 公開日: 2022/01/13 最終更新日: 2022/01/28

もし盗撮や盗聴の被害に遭ってしまったらどうする?

もし盗撮・盗聴の被害に遭ってしまったら早急に対応しなければいけません。盗聴や盗撮被害の疑いがある段階で「犯人が特定できていなくても」警察に知っておいてもらうことが重要なのです。

犯人が特定や盗聴・盗撮の被害を証明する必要あるときは、証拠収集の専門家に相談しておきましょう。警察への被害届や弁護士への相談も、スムーズに行なうことができます。

盗聴盗撮発見調査の相談窓口

相談者
盗撮・盗聴発見サポート
2022年1月13日 更新
盗撮・盗聴発見サポートの担当者が書いた盗撮・盗聴の被害に遭った方の対処と相談先について公開しております。

盗聴盗撮の主な手法

盗聴は室内が8割、盗撮は室外が8割

盗撮・盗聴の手法とはどのようなものなのでしょうか。

  • コンセント型
  • 無線型
  • 有線型
  • ボックス型
  • モジュラーコネクタ型
  • デジタル式
  • スクランブル式

インターネットなどで誰でも購入することができるもので、100Vコンセントであればどこでも簡単に設置されてしまう機種がコンセント型の盗聴器と言われています。

なかでも電話線から電源供給を受け、半永久的に盗聴される盗聴器もあり、信じがたいですが恐ろしいほどに昨今の盗撮・盗聴事情は巧妙になってきています。

盗撮・盗撮の事例

盗撮・盗聴の具体的な事例を下記に挙げてみました。参考になれば幸いです。

  • 自宅付近に現れる不審者や不審車両が盗撮・盗聴のストーカー犯だった
  • 自宅にいるときの私の行動が他人に漏れている
  • 電話中に雑音が入ると思ったら盗聴されていた
  • 自宅での行動に合わせて外部から音が聞こえてくる
  • 盗撮器が自宅裏に取り付けられていた

盗聴盗撮に遭ってしまったら?

盗聴盗撮に遭ってしまったら?

盗聴・盗撮については必ずしも犯罪に当てはまるものではなかったりするのが現状です。まず日本の法律では、盗聴器盗撮器を販売・購入することやその行為を規制する法律はありません。

しかしながら盗聴や盗撮に関わる別の行為で罪に問われるケースが多々あります。万が一自分が被害を受けていると感じたら、すぐさま探偵社に相談することをおすすめします。

盗聴や盗撮の調査は探偵でも行なっていますが、市販でも盗聴盗撮発見器が販売されていますので、ある程度自分で自宅を調べることはできます。

ただ発見器も安いものですと、家電製品が反応してしまう場合もあるので、やはり探偵社に調査を依頼したほうが安心できるのではないでしょうか。

万が一盗撮被害・盗聴被害に遭ってしまったときの対応

相談する順序をご説明します。まず、盗撮被害・盗聴被害に遭っていると感じた時、盗撮・盗聴の事実が実際にあるかどうかを問われます。

そのため「盗聴盗撮されているかもしれない」と思われている段階では、探偵社に相談して情報収集・証拠の記録などの調査をしてもらうのがベストだと言えます。

自分で盗聴・盗撮を発見できた場合は、警察に通報して犯人の特定をお願いしましょう。いきなり警察に相談しても「本当に被害をうけているのか?」何をもって盗撮・盗聴被害に遭っているかわからないいと警察も動いてはくれません。

「盗撮・盗聴の被害に遭っているんじゃないか?」と悶々とせずに、調査によって証拠という具現化された形にする、ということは自分の気持ちにおいても、白か黒かを明確にできるものなので、非常に大切です。

犯人が特定できたら安心できる生活のために、弁護士に依頼して慰謝料を請求したり、示談にしたりすることになります。

  • 1.探偵社
  • 2.警察
  • 3.弁護士
罪に問われる盗聴・盗撮
  • 1.盗撮した写真をネット上に晒す行為。
  • 2.盗聴した写真と引き換えに金銭を要求する行為。
  • 3.盗聴するために他人の住居に無断で侵入する行為。
  • 4.盗聴するために他者の所有物を改造する行為。
  • 5.固定電話の盗聴行為。
  • 6.コンセントの裏に盗聴器を仕掛ける行為。

このような犯罪のリスクを伴う盗聴・盗撮は絶対にするべきではありませんし、プライバシーの侵害や肖像権の侵害などで検挙されてもおかしくありません。

盗撮・盗聴発見の調査レポート

自宅周辺で感じた違和感の正体

近隣住民による盗聴は、自宅周辺はもちろん夫の勤務先情報まで収集を行ない、被害者のあることないこと言いふらす嫌がらせが存在します。

知らないあいだに自宅に盗聴器を仕掛けられているケースもあり、鍵を閉めたから大丈夫と思わず疑ってみることをおすすめします。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 会社員
ご依頼内容: 盗聴発見調査
ご依頼理由:

自宅に夫と実母の3人で現在暮らしています。現実と妄想が入り混じり大変苦しい毎日でいる為、現実的とも非現実的とも自分自身で決められず悩み疲れておりますため、急遽ご依頼させて頂いた次第です。

現段階で、自宅外壁周辺の見慣れない小石は確認致しましたが、確たる証拠保持まで至っておりません。エアコンの室外機付近で音がすることがあるので一緒に調べてください。

近隣住民との関係はあまりよくなく、会ってもお互いに挨拶することもないので、なにかの嫌がらせ目的かもしれません。

調査レポート:

室内・室外での盗聴発見調査では確認できませんでした。なにが原因なのかを突き止めるために、とある業者のフリをして「聞き込み調査」をしてみることにしました。

調査の結果、近隣住民は「ご依頼者」をよく思っていないことが判明、主犯と思われる隣の住民が聞き耳をたてて面白おかしく噂を流していることがわかりました。

ご依頼者は近隣との付き合いでストレスを抱えていたのでしょう。音声データをもとに話し合いをした結果、あっさりと認めたため謝罪という形で終わりました。

盗聴盗撮調査にかかる費用について

まずは相談してみましょう!

自宅のアパート、一軒家、マンションだったり、企業に仕掛けられた盗聴器や盗撮器を発見する調査になります。
特殊な機材を扱った調査になり、なかには成功報酬型で報酬金を得るところもありますが、着手金と発見報酬金を合わせて高いところで10万円台後半、高額なところでは30万円といった調査費用がかかってきます。

盗聴盗撮発見調査の料金表

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
ファミリーセキュリティでは、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

盗聴盗撮調査のご相談・依頼方法

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談を実施しております。

初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

盗聴盗撮調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、盗聴盗撮の状況状況、発見調査の依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須)
    お住まい地域 (必須)
    ご連絡先 (固定電話・携帯) (必須)
    メールアドレス (必須)
    要望・質問

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    関連記事

    記事検索

    探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

    (C) ファミリーセキュリティ

    pageTop