セキュリティガイド - 男女間トラブルサポート関連記事

Gender Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 男女間トラブルサポート関連記事 > 不倫をしてしまったことで起きるトラブルを解決する方法
公開日: 2022/03/01 最終更新日: 2022/03/03
セキュリティガイド - 男女間トラブルサポート関連記事
 公開日: 2022/03/01 最終更新日: 2022/03/03

不倫をしてしまったことで起きるトラブルを解決する方法

不倫トラブル回避方法1

不倫や浮気の動機はまさに十人十色。つい魔が差したのか、あるいは常習犯的なのか…

これは夫に限ったことではなく妻にも当てはまります。

いずれにせよ、それがバレたとき大なり小なり、リスクがあるのは間違いありません。

できればトラブルは避けたい!!最小限に抑えたい!!という方に必ず役立つ情報を解説していきます。

目次│不倫・浮気トラブル相談窓口

相談者
不倫・浮気トラブルサポート
2022年3月1日 
男女問題・夫婦問題の専門担当者が作成した不倫・浮気トラブル解決に関する情報を公開しております。男女トラブル以外にも、対人トラブル・洗脳トラブルなどさまざまなトラブルに対応しております。
本来の平穏な日常を取り戻すため、あなたの抱える問題を一日も早く解決できるようご尽力いたします。是非お役立てください。

不倫・浮気によって負うリスクとは?

不倫トラブル回避法3

不倫は配偶者の権利を脅かすもの

世の中では浮気や不倫に対して、ちょっとした火遊びのようにスリルを楽しんでいる人も少なくないようですが、それは何となくごまかして難を逃れてきたケースしか知らないせいです。

そもそも結婚とは「婚姻生活の平穏を維持する権利」を法的に持っているのです。
つまり不倫は相手の配偶者の権利を侵害する不法行為になります。

不倫による主なリスクを挙げてみましょう。

不倫によって起こる7大リスク
不倫のために払うかもしれない犠牲

  • 積み上げてきた自分の評価が下がる
  • 妻(夫)に離婚を要求される
  • 子どもと引き離される(主に夫側)
  • 慰謝料や弁護士費用など高い代償を払う
  • 周りや社会的信用を失う可能性がある
  • 遊びのつもりだったのは自分だけで不倫相手の恨みを買う
  • 家族や不倫相手の運命まで変えてしまいかねない

不法行為と知っていても不倫してしまうのはなぜ?

上記したような犠牲を払うことを自覚しながら、不倫をしてしまう人はどのような心理なのでしょうか?

一口に不倫の動機といっても、本人の価値観や夫婦関係、生活環境など異なるのでさまざまなケースがあります。

  • 性的な満足感を得たいから
  • 男性なら征服感、女性なら自己肯定感を味わいたいため
  • 妻(夫)からの愛情を感じらず孤独愛情を求めていたから
  • 魅力的な異性を前に理性を失ってしまったため
  • お互い無関心で冷め切った夫婦関係だったから

異性関係はどこまでが不倫にならない?

不倫トラブル回避方法2

不貞行為に該当しない浮気もある

不倫とか浮気と聞くと、配偶者以外の相手との肉体関係を持つことを想像する方がほとんどでしょう。
既婚者のくせになんてふしだらな…という怒りを買うのも仕方のないことです。

しかし、だからと言って配偶者以外の相手に魅力を感じる気持ちを止められるものでもありません。

恋愛気分を楽しむだけなら不倫にならないことも

法的に違反となるのは、配偶者以外の相手と不貞行為をすることです。つまり肉体関係のない関係なら、恋愛感情まで止めろというわけではないのです。

たしかに妻以外の相手とちょっとだけ食事を楽しむ、映画を観る、それは不貞行為に該当しません。

ただし、肉体関係さえなければ恋愛気分を味わうことにおいて全く問題がないかというと絶対に安心とは言えず、以下のリスクの可能性も潜んでいることもわすれてはいけません。

  • 一緒に過ごすうちに性的欲求が抑制できなくなる
  • 相手から肉体関係を迫られる可能性がある
  • 一緒にいるところを目撃されて不倫を疑われる

不倫・浮気によって起きるトラブル

不倫トラブル事例から分かること

先述した通り、婚姻関係は法で守られており、互いに貞操義務を負うものです。

既に不倫している方、不倫がバレそうな方は、どんなトラブルになるかよく調べておく必要があります。
特によく素性の知れない相手の場合、後でトラブルになることがあります。

美人局のようなありえない罠があることも

例えば、ふたを開けてみたら、美人局のようなトラブルに巻きこまれる可能性もあるのです。

トラブルを最小限に抑えるためトラブルへの予防線など張っておくことが重要です。
以下は不倫トラブルのほんの一例です。

  • 不倫相手が会社にばらして結果的に解雇された
  • 妻が離婚慰謝料を求めて裁判になった
  • 実は不倫相手が美人局で妻や会社にばらすと脅されている
  • 妻を選んだら不倫相手がストーカー化し家族も危険にさらされるようになった
  • 不倫相手が妊娠して泥沼離婚することになった
不倫トラブル事例
不倫トラブル回避法4

出会い系で知り合った若い女性と不倫関係になってしまいました。お互いに詮索し合わない割り切った関係を楽しんでいましたが、ある日ホテルの領収書がポケットから妻に見つかりバレました。離婚して子どもと離れたくないので、ひたすら謝りましたが不倫相手に慰謝料を請求すると息巻いています。
一方の不倫相手は実は彼氏がいたことを明かし、その日を境に男から脅迫の電話がかかってきます。不倫相手に会ったときはお小遣いを渡したことも何度かあることも関係しているかもしれません。もうどうしていいのか分かりません。

専門家のワンポイントアドバイス

されるがままに相手の要求に応えているとトラブルがさらに大きくなる可能性があります。穏便な解決を望まれるのであれば、決してひとりで解決しようとせず、すぐに専門家へ相談してください!
今後の脅迫や恐喝を止めさせ、トラブルを解消するためには、まずは彼氏と名乗る人物が本当に不倫相手の女性の彼氏なのか調査によって事実確認することです。それから脅迫被害の記録を残しておくことが重要です。

不倫トラブルを解決する方法

大きなトラブルに発展する前に

不倫から始まるトラブルにはさまざまなものがあります。

時には双方の家族を巻き込んだ大ごとに発展してしまうケースも少なくありません。

しかし、こちらの対応次第ではトラブルを深刻化させずに穏便に解決することも不可能ではありません。

こんな時だからこそ冷静に

もしかすると初めから既婚者をターゲットにした詐欺に巻き込まれているというケースも考えられます。

その場合に、こちらの不利な立場を利用して、相手は言いたい放題行ってくるかもしれません。

もちろん不倫をしてしまったという事実を消すことはできませんが、「脅迫」や「恐喝」はれっきとした刑事上の犯罪です。

弱みに付け込まれないためにも、不倫相手や不倫相手の関係者から行き過ぎた行為をされないように、しっかり被害証明をして、速やかに警察や弁護士など、各専門機関へ相談してください。

決して自分自身で対抗したり、無視をせず、毅然とした態度で対応することが大切です。

不倫トラブル解決方法

不倫・浮気トラブルの相談窓口

トラブルでお困りの方へ

不倫トラブルでお悩みの方、トラブルを抱えたまま解決方法が見出せない方
ファミリーセキュリティにご相談ください。

当事務所では多様な男女トラブルに対応し問題解決に向けて、あらゆる疑問にお答えいたし、全力でサポートいたします。他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。

お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。完全予約制、完全無料相談となります。

不倫トラブル解決方法

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop