セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事

Interpersonal Trouble Support Articles

ホーム > セキュリティガイド > 対人トラブルサポート関連記事 > 近所からの執拗な嫌がらせを止めさせたい!│犯人が特定できないときの解決方法
公開日: 2023/01/12 最終更新日: 2023/01/19
セキュリティガイド - 対人トラブルサポート関連記事
 公開日: 2023/01/12 最終更新日: 2023/01/19

近所からの執拗な嫌がらせを止めさせたい!│犯人が特定できないときの解決方法

静かな住宅街

最近ご近所の人達の様子がおかしい…。
これは嫌がせ行為ではないのか?身に覚えがないときなどうすればいい?

原因がわからない、犯人が特定できないのでは対処法が見つかりません。

ご近所トラブルは対応を誤ると重大な事件に発展することもあります。 暮らしの安心を取り戻すための解決方法について解説します。

目次|コロナ渦の隣人トラブル相談窓口

相談者
生活トラブルサポート
2023年1月12日
トラブル問題解決の担当者が書いたご近所トラブルに関する情報を公開しております。対人トラブルのほか男女間トラブル・洗脳トラブル・引っ越しトラブル・オンライントラブルなど、さまざまなトラブルに対応しております。
調査を行ない、隠されていた証拠によって、大きく前進できると私どもは確信しています。

ご近所トラブルの実態

さまざまなトラブル要因

ご近所間でのトラブルは、生活の悩みに直結するので本当に厄介なものです。

誰もが避けたいと願っているはずなのに、なぜ多くの人が巻き込まれしまうのでしょう。

立地や人間関係によるもの

地方によっては近所付き合いが盛んであったり、都市部は住宅同士が密集していたりなど、価値観の違う人間たちが寄せ集まることで面倒なトラブルが発生する可能性は潜んでいます。

自分の空間を守りたいがゆえに

日本人は比較的、他者との境界線やプライバシーを大事にする傾向があるので、他人に生活に踏み込まれたり脅かされることを嫌います。

生活環境の中で五感のうち特に、視覚、聴覚、嗅覚を著しく刺激され苦痛を伴うことになれば誰にとっても、それは悩みの種になります。

起こりがちなご近所トラブルとして代表的トラブルは下記に挙げてみました。

  • 生活音(騒音)トラブル
  • 異臭トラブル(煙草やペットなど)
  • マナー違反やモラルの問題
  • 日照権トラブル(増築や植木による)
数奇な運命と割り切ることも必要

数奇な巡りあわせ」とも言われるように、人との巡り合わせによっては波乱にとんだ運命が待っているやもしれません。

自分は大丈夫と思っていても、トラブルが起きてしまったら運が悪かったと思って、気を持ち直し対処法を考えましょう。

ご近所トラブルの相談と調査依頼事例

近所の親しくしていた人たちから冷たい態度を取られるようになったタイミングで、正体不明の誰かからの嫌がらせを受けるようになったという相談です。

正体不明の嫌がらせが辛い

被害相談事例
険悪なふたりの女性

引っ越しして1年余り、近所の人が集う集会に月に1、2回ほど顔を出していました。
ところがここ最近、親しいグループの人から避けられています。また無言電話や自宅の郵便受けが荒らされるなどの嫌がらせ被害が続いています。

グループの人達に「私、何か気に障ることしました?」と聞いても「何のことですか?」と冷たい返事をされるだけです。犯人を特定できないので対処のしようがなく…せっかく手に入れたマイホームですが引っ越しまで考えています。

専門家に調査を依頼した結果

犯人が誰か分からないので困り果て、精神的に病んでしまいそうで、初めて探偵に相談したということです。無料相談を重ね、ご依頼を決心されました。 嫌がらせ行為を認めさせ止めるためには、まずは犯人を特定することがまず先になります。

以下は、ご依頼者の感想です。

恨みが増長していった

結果的に、やはりグループの中の数人でした。首謀者のボス的な人の指示で私のことを無視していたのだそうです。

実はその人はうちの真向かいの住人で、我が家を建てたことで日当たりが悪くなり、内心恨んでいたようです。
先月子どもの学校の話になって、うちの子が県内でも有名私立に通っている話題になり、そのとき私の態度に不快で嫌がらせに踏み切ったそうですが、私にはそんな自覚はなく正直戸惑うばかりです。

示談交渉で無事解決

家族には言わないでと涙ながらに謝罪されたので、2度としないという制約の下、破損したポストだけ弁償してもらうことで解決しました。
実態調査によって嫌がらせ行為の犯行現場を証拠として頂いたおかげです。


些細なきっかけでも炎上する理由

事例のように、自分にとっては何気ない言動が相手の恨みを買う危険性もあるのが人間関係の難しさであり、ご依頼者のように身に覚えがなくということも多々あります。

距離が近いほど憎悪に変わりやすい

人間には共感を示し合うことで、距離感を縮めていく潜在的な習性があります。

そして一方的に仲間意識を感じている相手が思いもよらない言動に出たときほど、疎外感を味わったり、ひけめに感じ、途端に相手を遠ざけたり敵意を持つ傾向が多いとも言います。

仲間だと思っていたのに…

仲間だと思うほどに、自分とのズレを見過ごせなかったり、相手の思わぬ言葉が気に障ったりするのです。

些細な「気に障る」から「許せない」「痛いめに遭わせたい」に変わると行動がエスカレートしていき、結果的に陰険ないじめや嫌がらせになることがあります。

個人的な妬みと恨みからくるもの

怪文書や無言電話などは、ご依頼者のように個人的な妬み恨みを向けられている可能性が高いです。

犯人が分からないのは自分の身に覚えがないためでしょう。
何も気にも留めずに発言したことを、ずっと心に溜めて根に持ち続け恨みに思う相手もいるのです。

原因も犯人も不明な嫌がらせへの対処

犯人不明のトラブル

嫌がらせ行為は放置しておくことは何の解決にもなりません。

何らかの対処をしないと、どんどん嫌がらせがエスカレートする可能性があります。

結果的に長期にわたる嫌がらせにより被害者の心身が傷つき疲れていくことになります。

犯人を特定できない嫌がらせ

嫌がらせの加害者を特定できない場合、相談事例のように何となく目星はついているものと、そうでないものに分かれます。

そうでないものとは、全く犯人に検討が付かない場合です。これはこれで、恐怖心で更に精神が参る状況といえます。

犯人の目星はついている場合

多分、あの人だろうとと思っても相手が簡単に加害行為を認めるわけないので、きちんと裏付けを取る必要があります。
例えばどんな恨みによって嫌がらせ行為しているのか、そのために知っておくべき相手の情報なども調べます。

嫌がらせ行為の証拠までは難しいなら、専門家にその情報を渡し、調査してもらった方が確実です。

犯人に全く見当がつかない場合

例えば嫌がらせ加害者が夫の浮気相手の場合、浮気している事実を知らなければ、被害も全く身に覚えがないことでしょう。

ご近所であっても身に覚えがないとき加害者を特定するのは難しいことです。
相手が全く分からない場合、ストーカーという可能性も否定できないので無理に自分だけで調べず探偵などの専門家に任せましょう。

ご近所トラブルの予防と対策

ココは危険信号

ご近所や職場などで嫌がらせ被害に遭った場合、生活に直結するので関係性を悪化させたくないという思いから、直接交渉したり訴えたりするのが難しく解決が容易ではないと言います。
ご自身だけで解決したいという方は慎重な対応が求められます。

ご近所トラブルに遭遇しない方法

一番安全なのは最初からご近所トラブルに巻き込まれないことです。
もし、以前トラブルに巻き込まれた経験のある人は、経験を活かし自分の言動に注意を払い、あまり密接な交わりは控えた方がいいかもしれません。

引っ越し先でのトラブルを避けるなら…

引っ越しは時間とお金、そしてエネルギーを費やすものです。
住まいを構える際は、その先にトラブルに発展する原因がないか内見や下見で事前に以下についてリサーチしておくことが重要です。

ご近所トラブル事前チェック項目

  • 騒音や異臭はないか
  • ごみ収集などマナーが守られているか
  • 住民の素行に問題行動などないか
  • 現地の人からさりげなく情報収集する

ご近所トラブルの対処法

既に起きてしまったトラブルに対して、ご自身で無事解決するケースは稀です。

直接話し合っても、かえって話がこじれたりするパターンが多いからでしょう。

また、バレずに嫌がらせの証拠を掴むことも容易ではありませんが、自力で調べられることはしたいという方のために以下に紹介します。

相手の行動パターンを探る

嫌がらせ行為の時間と相手の生活パターンなどを比較したり、怪しい行動をしていないかなど見張ります。

しかし嫌がらせをする時間帯は夜遅くや明け方であることが多いので、ずっと見張り続けるのは現実的ではありません。 また、犯人が特定しているわけではなので無駄な骨折り損になることも覚悟しておきましょう。

監視カメラを仕掛ける

ずっと張り込みをしなくても監視できるのでお勧めですが、カメラが犯人にバレて、カメラを避けて嫌がらせをされてしまうので無意味になってしまうこともあります。

また、犯行が夜間だと、通常の監視カメラに映る映像が鮮明でなかったり顔がはっきり映らないので、確実な犯人の証拠にはならないでしょう。

専門家の調査で実態を暴く

起きてしまったトラブルはなかったことにはできません。

大切なのはいま起きているトラブルを放置せず、どう向き合っていくかではないでしょうか。
実態調査の目的は、そこで何が行なわれているのかを正確に特定することです。

探偵による実態調査

実態調査とは、トラブルや困りごとの事実関係の確認と証拠収集を目的とした調査のことを言います。

生活実態や企業実態など、さまざまなシーンで用いられ、その方法は尾行や張り込み、ときに潜入など探偵独自の手法で実態を調査していきます。

被害が事実であることを確実に証明する

調査のプロであればこそ犯人の特定及び、住民及び周辺の状態を調査し正確な情報をいち早く入手することが可能なのです。

嫌がらせ行為などの精神的苦痛を受ける可能性の有無についても調査によって確認できます。
その調査はあくまでも事実を確実に証拠を入手することであり、調査は綿密な計画の下、昼夜問わず実地します。

ご近所トラブル相談窓口

明るい未来を再び取り戻して下さい

ファミリーセキュリティは、多「住まい」の安心と維持と、嫌がらせなどのトラブル被害から守るため、迅速かつ徹底的に調査を行ない、解決に向けて最適な対策を取ることができます。

あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

関連記事

記事検索

探偵事務所監修の総合セキュリティサービス

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ファミリーセキュリティは電話相談を24時間、何度でも無料で受付ております。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ファミリーセキュリティ. All Rights Reserved.

(C) ファミリーセキュリティ

pageTop